スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本]

販売休止中です

    • スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本]

    • ¥3,960119ポイント(3%還元)
100000009002173335

スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本]

価格:¥3,960(税込)
ポイント:119ポイント(3%還元)(¥119相当)
日本全国配達料金無料
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2014/09/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、晩年のスクリャービン(1871‐1915)を間近で見た友人レオニード・サバネーエフ(1881‐1968)による貴重な「記録」である。晩年の思索―神智学の隙間から覗き見た西欧ロマン主義の独自の解釈―、当時のロシア音楽界、家族のことなど、多くがスクリャービン自身の言葉で語られている。初版は1925年にモスクワで出版されたものの、サバネーエフが西側へ亡命したこともあり旧ソビエト政権下では注目されず、2003年に再刊された。長く続み継がれているスクリャービンの最重要文献、待望の日本語訳である。
  • 目次

    1.次第に見えてきたスクリャービンの姿
    2.《交響曲第三番》と《法悦の詩》
    3.交際の環、《プロメテウス》、神智学
    4.スクリャービンの親族―親族に理解されない幻想的人類史
    5.クーセヴィツキーとの断絶
    6.日常的ではない祭典としての芸術志向―性的恍惚で終わる神秘劇?
    7.三つのソナタの進捗
    8.神秘劇への記譜法・調性の色―《プロメテウス》と神秘劇との中間に序幕
    9.神秘劇実現のためのインドへの夢―ブランチャニーノフによる英国礼賛
    10.のしかかるパートナーとの問題―《光の交響曲》への彼自身の解説
    11.神秘劇の前にその序幕を書く―スクリャービンの音楽論を見ながら
    12.第一次大戦、序幕の準備が具体化
    13.長期の演奏旅行の果てに―没後に展開された俗悪化
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    サバネーエフ,レオニード・レオニードヴィチ(サバネーエフ,レオニードレオニードヴィチ/Сабанеев,Леонид Леонидович)
    1881年、貴族の家庭に生まれる。父は宮廷の主馬頭で、ダーヴイン、ツルゲーネフとも交友。母は、長年ロシアに住んだフランス将校の娘。貴族学校教師らの指導下で家庭教育を受け、16歳でモスクワ大学に入学。理数学部と文科の両学部で学び、純粋数学で博士号。1918年より教授。数学に関する論文もある。これらと平行して5歳より、ラフマニノフらも師事したスヴェーレフのもとで音楽教育を受け、その後パーヴェル・シリョーツェルにピアノを、タネーエフに和声学、作曲法、対位法を学ぶ。1968年ニースで死去

    森松 皓子(モリマツ アキコ)
    山口県出身。神戸市外国語大学卒。ロシア音楽家の通訳や音楽雑誌連載の翻訳のほか、マスター・クラス通訳、CDの解説と翻訳に従事。通訳案内業免許取得(1979年)
  • 出版社からのコメント

    作曲家スクリャービン(1871~1915)晩年の活動・思索を、その友人サバネーエフが「証言」し「記録」した貴重な文献。
  • 内容紹介

    本書は、晩年のスクリャービン(1871~1915)を真近で見た友人レオニード・サバネーエフ(1881~1968)による貴重な「記録」である。晩年の作曲構想――神智学の隙間から覗き見た西欧ロマン主義の独自の解釈――、当時のロシア音楽界、家族のことなど、多くがスクリャービン本人の言葉で語られている。時には歯に衣着せぬ批評をしたとして敵も多かったサバネーエフだが、スクリャービンからは一目おかれていた。初版は1925年に出版されたものの、サバネーエフが西側へ亡命したこともあり、旧ソヴィエト政権下では忘れられていたが、2003年に本国で再刊された。ロシア音楽界では必読書として読み継がれている名著、待望の日本語完訳である。本書の最大の特徴は、スクリャービンが第3交響曲以降の作品を通じて具体化しようとした思いが、本人の言葉通りに記されていることだ。知られざる晩年のスクリャービンの思想が浮き彫りとなる、重要な文献の一つ。
  • 著者について

    レオニード サバネーエフ
    著者:1881年生まれのロシアの音楽評論家、作曲家、ピアニスト。モスクワ大学にて純粋数学で博士号。5歳よりズヴェーレフのもとで音楽教育を受け、その後パーヴェル・シリョーツェルにピアノを、タネーエフに和声学や対位法、リムスキー=コルサコフに管弦楽法を学ぶ。作曲作品も多数ある。音楽評論家としては歯に衣着せぬ批評をし、敵も多かったが、スクリャービンからは一目おかれていた。1926年、革命後の母国を離れてフランスに亡命。1968年ニースで死去。

    森松 皓子 (モリマツ アキコ)
    訳者:山口県出身。神戸市外国語大学卒。ロシア音楽家の通訳や音楽雑誌の翻訳の他、ウラディーミル・トロップ、故イーゴリ・ニコノーヴィチ、リュドミーラ・プルゥシニク等のマスター・クラスの通訳、CDの解説や翻訳に従事。訳書に、ゲンリッヒ・ネイガウス『ピアノ演奏芸術―ある教育者の手記』(音楽之友社2003年)、エレーナ・リヒテル編『ネイガウスのピアノ講義』(同2007年)、グリゴーリー・ガルドン『エミール・ギレリス』(同2011年)。

スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:レオニード・レオニードヴィチ サバネーエフ(著)/森松 皓子(訳)
発行年月日:2014/10/05
ISBN-10:4276226503
ISBN-13:9784276226500
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:292ページ ※285,7P
縦:20cm
その他: 原書名: Воспоминания о Скрябине
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 スクリャービン―晩年に明かされた創作秘話 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!