難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 [単行本]

販売休止中です

    • 難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 [単行本]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
100000009002177971

難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 [単行本]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
日本全国配達料金無料
出版社:清水弘文堂書房
販売開始日: 2014/09/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 分離―越境する難民(難民研究の視座
    紛争と難民の越境
    難民キャンプという社会空間)
    第2部 過渡―難民として生きる(難民の生活世界
    故郷とのつながり
    難民の帰属意識)
    第3部 再統合―国民国家のなかの難民(庇護国で暮らす難民
    第三国への再定住
    難民帰還の可能性
    難民の移動と定住)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    久保 忠行(クボ タダユキ)
    1980年兵庫県生まれ。2001年、はじめての海外旅行先のタイでカヤン観光村を訪問したことがきっかけで難民について知る。難民の定住地で調査を実施。これまでに、タイ、ビルマ(ミャンマー)、日本、アメリカでフィールドワークをおこなう。神戸大学大学院総合人間科学研究科博士課程修了。日本学術振興会特別研究員PD(京都大学東南アジア研究所)を経て、立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員。博士(学術)。専攻は、人類学、移民・難民研究、東南アジア地域研究

難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 の商品スペック

商品仕様
出版社名:清水弘文堂書房
著者名:久保 忠行(著)
発行年月日:2014/09/22
ISBN-10:487950615X
ISBN-13:9784879506153
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:民族・風習
ページ数:356ページ ※345,11P
縦:22cm
他の清水弘文堂書房の書籍を探す

    清水弘文堂書房 難民の人類学―タイ・ビルマ国境のカレンニー難民の移動と定住 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!