吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) [単行本]
    • 吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) [単行本]

    • ¥1,04532ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ日本全国配達料金無料
100000009002183089

吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,045(税込)
ポイント:32ポイント(3%還元)(¥32相当)
お届け日:お取り寄せ
日本全国配達料金無料
出版社:ヤマハミュージックメディア
販売開始日: 2014/09/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「運命」はなぜハ短調で扉を叩くのか?クラシックの長調、短調にはワケがある。現役作曲家が解き明かす、ありそうでなかった「調性」本!!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 調性とは何か?―メロディからハーモニーへ
    2 楽器からみた調性―得意な調と苦手な調
    3 科学的にみた調性―自然倍音から音階、平均律へ
    4 調性の歴史―聖歌から機能和声へ
    5 調性に関するエトセトラ―東洋の調性から天体の音楽まで
    6 それぞれの調性の特徴と名曲―長調、短調から微分音階まで
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    吉松 隆(ヨシマツ タカシ)
    作曲家。1953年(昭和28年)東京生まれ。慶應義塾大学工学部を中退後、一時松村禎三に師事したほかはロックやジャズのグループに参加しながら独学で作曲を学ぶ。1981年に「朱鷺によせる哀歌」でデビュー。評論・エッセイなどの執筆活動のほか、FM音楽番組の解説者やイラストレイターとしても活躍中。TV・映画音楽も多く手がけており、近年では2009年に映画『ヴィヨンの妻』(監督:根岸吉太郎)の音楽(第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞)、2012年にNHK大河ドラマ『平清盛』の音楽を担当(第67回日本放送映画芸術大賞放送部門最優秀音楽賞)

吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ヤマハミュージックメディア
著者名:吉松 隆(著)
発行年月日:2014/10/18
ISBN-10:4636909305
ISBN-13:9784636909302
判型:文庫
対象:一般
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
ページ数:202ページ
縦:15cm
その他:『「運命は」なぜハ短調で扉を叩くのか?~調性で読み解くクラシック』改題書
他のヤマハミュージックメディアの書籍を探す

    ヤマハミュージックメディア 吉松隆の調性で読み解くクラシック(1冊でわかるポケット教養シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!