レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫]

販売休止中です

    • レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002192103

レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:竹書房
販売開始日: 2014/10/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    マティルダは両親の死後、伯父に引き取られたが、社交界デビューも小説を読むことすら許されないまま、27歳になった。そんな自由のない生活から逃げ出す資金のため、彼女はひそかに『シェリの告白』という官能小説を書き、それが大評判となっていた。ある日、伯父の亡き息子トビーの遺品を軍隊で一緒だった、エドワードという男性が届けに来る。トビーのこと、オースティンの小説のことなどを話す内に彼の優しさとユーモアが、窮屈な生活で凍っていたマティルダの心を溶かしてゆく。そんな中、郵便馬車が川に落ち、回収された郵便物が屋敷に届けられたせいで、例の小説を伯父が目にしてしまう。水に浸かっていたため差出人はわからなかったが、伯父は罪深い人間は村から追い出すと宣言。なりゆきでエドワードが“シェリ”を見つけ出すと約束する。まさか、地味でおとなしいマティルダが作者とは夢にも思わず…。それを知ったマティルダは名乗り出ないと彼をだましていることになると悩むが、その間にもふたりの距離はどんどん縮まって…。マティルダのふたつの“告白”の結末は!?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ラーキン,エミリー(ラーキン,エミリー/Larkin,Emily)
    作家の父と司書の母のもとに生まれ、大学では理学士の学位をとり、大学卒業後、世界各地で理学療法士や図書館司書補やウエイトレスとして働いたり、南極大陸の調査隊に加わったりと、さまざまな職業を経て執筆の道へ。エミリー・ジーの別名でロマンス色の濃いファンタジー小説も発表している

    高橋 佳奈子(タカハシ カナコ)
    東京外国語大学ロシア語学科卒業。英米文学翻訳家

レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:エミリー ラーキン(著)/高橋 佳奈子(訳)
発行年月日:2014/10/17
ISBN-10:4801900402
ISBN-13:9784801900400
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:外国文学小説
ページ数:399ページ
縦:15cm
その他: 原書名: THE SPINSTER'S SECRET〈Larkin,Emily〉
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 レディの告白は嵐を招いて(ラズベリーブックス) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!