「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く [単行本]
    • 「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く [単行本]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月16日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002193003

「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く [単行本]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月16日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ビジネス社
販売開始日:2014/10/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 270708位

「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    解釈改憲、集団的自衛権の大嘘を一次資料から暴き、米国との外交折衝、国内政争に翻弄された歴代政権による憲法解釈の紆余曲折の戦後史を初めて検証した名著復刊!「戦争のない世界」を前提に作られた防衛政策の見直しに着手せよ!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 日本に“防衛政策”のあった時代―吉田茂から池田勇人まで(治安軍から国防軍へ
    再軍備が前提の経済重視―吉田内閣末期
    憲法解釈大転換の時代―鳩山内閣
    米軍駐留永続化と安保改定―岸内閣
    「国軍」としての自衛隊―池田内閣)
    第2部 「一国平和主義」の定着―佐藤栄作から冷戦終結以後(「平和主義」化する憲法解釈―佐藤内閣前期
    ニクソン政権の“自衛隊骨抜き”政策
    「平和主義」の正体
    戦後「平和主義」を盲信する時代―冷戦後期以後)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    樋口 恒晴(ヒグチ ツネハル)
    昭和39(1964)年東京都生まれ。筑波大学博士課程社会科学研究科単位取得退学。常磐大学国際学部専任講師を経て同学部教授。該博な知識と緻密な分析力で国際関係論という巨視的な視点から外交・軍事・防衛や国内政治を多角的に論じる

「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く の商品スペック

商品仕様
出版社名:ビジネス社
著者名:樋口 恒晴(著)
発行年月日:2014/10/21
ISBN-10:4828417729
ISBN-13:9784828417721
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:255ページ
縦:18cm

    ビジネス社 「平和」という病―一国平和主義・集団的自衛権・憲法解釈の嘘を暴く [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!