医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 [単行本]

販売休止中です

    • 医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 [単行本]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
100000009002198677

医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 [単行本]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2014/10/23
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    諦めないこと―希望と愛と許しでガンが消えた!?最先端医療の限界を打ち破る赤血球万能説とは?「病は気から」の科学的実証。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 最先端医学の盲点を埋める「祈り」の科学
    1章 「祈り」が起こした「奇跡」でない「奇跡」―世界の科学者が注目し始めた「千島学説」的現象
    2章 「よい祈り」は、体に「よい物質」を生み出す―「祈り」はなぜ体や心によい影響を与えるのか
    3章 人類を救う「祈り」の医療への導き―私を現代医療の限界から解き放ってくれた出会い
    4章 「祈る力」の出る祈り方、祈る生活術―「祈り」の言葉、「祈り」の衣食住など「祈りのレシピ」
    5章 「祈り」を支える「千島学説」の論拠―医学界の混乱は、細胞や血液理論の矛盾から起こった
    6章 「物」と「心」が1つになる「哲医学」―既成医学や分子生物学が根底から崩れる盲点
    7章 「痛み」に「愛」と「祈り」がこもる療法―現代医療の限界を破った「千島学説」と「オルゴン療法」
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小松 健治(コマツ ケンジ)
    1944年、広島県生まれ。桜江町川越育ち。順天堂大学医学部を卒業後、島根県益田日赤病院胸部外科部長を経て、現在、自然治癒力を尊重する予防医学中心の「あうん健康庵」庵主。総合医。千島学説研究会同人。「生血液細胞・栄養分析法」などを活用し、千島学説の検証に努める一方、血液循環療法やオルゴン療法の効果に注目してその医学的解明に取り組んでいる

医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:小松 健治(著)
発行年月日:2014/10/25
ISBN-10:4344026675
ISBN-13:9784344026674
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:203ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 医者が学んだ祈りの力―自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!