ソフトウェア要求 第3版 [単行本]
    • ソフトウェア要求 第3版 [単行本]

    • ¥7,020211ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002205494

ソフトウェア要求 第3版 [単行本]

価格:¥7,020(税込)
ポイント:211ポイント(3%還元)(¥211相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日経BP社
販売開始日:2014/10/31
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 320021位

ソフトウェア要求 第3版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    カール・ウィーガーズ著のバイブル「ソフトウェア要求」の最新刊!この10年間の要求開発を取り巻く技術トレンドがこの1冊に!!ビジネスアナリシスを取り込んで大幅刷新。
  • 目次

    第1部 ソフトウェア要求:だれが、何を、何のためにするのか
    第1章 ソフトウェア要求の基礎
    第2章 顧客の観点から見た要求
    第3章 要求工学の良いプラクティス
    第4章 ビジネスアナリスト

    第2部 要求開発
    第5章 ビジネス要求の確立
    第6章 ユーザーの意見の掘り出し
    第7章 要求の引き出し
    第8章 ユーザー要求の理解
    第9章 ルールに従った行動
    第10章 要求の文書化
    第11章 優れた要求の記述
    第12章 1枚の絵は1024の語に値する
    第13章 データ要求の仕様作成
    第14章 機能の先にあるもの
    第15章 プロトタイプを使ったリスク低減
    第16章 まずは重要なことから:要求の優先順位付け
    第17章 要求の妥当性確認
    第18章 要求の再利用
    第19章 要求開発に続くもの

    第3部 特定の種類のプロジェクト向けの要求
    第20章 アジャイル型プロジェクト
    第21章 機能拡張およびリプレース型プロジェクト
    第22章 パッケージソリューション型プロジェクト
    第23章 アウトソース型プロジェクト
    第24章 ビジネスプロセス自動化プロジェクト
    第25章 ビジネスアナリティクスプロジェクト
    第26章 組込みおよびその他のリアルタイムシステムのプロジェクト

    第4部 要求管理
    第27章 要求管理のプラクティス
    第28章 変更発生
    第29章 要求連鎖のつながり
    第30章 要求工学のためのツール

    第5部 要求工学の実行
    第31章 要求プロセスの改善
    第32章 ソフトウェア要求とリスクマネジメント
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ウィーガーズ,カール(ウィーガーズ,カール/Wiegers,Karl)
    Process Impact社のプリンシパル・コンサルタント。要求工学、ピアレビュー、プロジェクトマネジメント、プロセス改善などに関わる活動を続けている。その前はイーストマンコダック社に18年間勤務し、写真研究科学者、ソフトウェア開発者、ソフトウェアマネジャー、ソフトウェアプロセスおよび品質改善リーダーを歴任した。イリノイ大学で有機化学の博士号を取っている。ソフトウェア開発、化学、自己啓発、軍の歴史の各分野で、多数の本や記事を発表している

    ビーティ,ジョイ(ビーティ,ジョイ/Beatty,Joy)
    Seilevel社の副社長。15年に及ぶビジネスアナリシスの経験を活かして、要求の引き出しとモデリングを改善できる新しい方法論を開発し、顧客のベストプラクティスの実践を助けている。また、フォーチュン500社が、ビジネスアナリシスの研究拠点を構築するのを支援している。何千人ものビジネスアナリストの教育研修を実施してきており、自身もCBAP(Certified Business Analysis Professional)認定を受けている。パデュー大学卒で、コンピュータ科学と数学の両方の学位を持つ

    渡部 洋子(ワタナベ ヨウコ)
    宮崎県出身のITコーディネータ。戦略経営ネットワーク共同組合理事。IT系コンサル、ISMS関連の仕事、翻訳に携わっている

    宗 雅彦(ソウ マサヒコ)
    株式会社サイクス代表取締役、IIBA日本支部研究担当理事、情報サービス産業協会ビジネスアナリシス部会主席委員。外資系コンピュータメーカーでUNIXオペレーティングシステムの開発、シリコンバレーでビジネスインキュベーション活動に従事。現在、ビジネスアナリシスの研究と普及を基盤に、ICT経営の創造、変革、人材育成、事業計画の立案と実行を支援。IIBA本部におけるBABOK Version3.0の開発チームリーダー
  • 出版社からのコメント

    米国でJolt & Productivity Awardを受賞した代表的な著書「ソフトウェア要求 第2版」の改訂版。
  • 内容紹介

     米国でJolt & Productivity Awardを受賞した要求開発のバイブル「ソフトウェア要求」の最新版。約10年ぶりとなる第3版での新規の内容は以下のとおりです。
    ・アジャイルプロジェクトにおける要求に関わる検案についての章を新規追加
    ・書籍全体を通した多くの章において、アジャイルプロジェクトで特定のプラクティスを適用する方法について記述
    ・特定のレポートやダッシュボードに含まれるデータ要求についての章を追加
    ・要求の再利用についての章を追加
    ・特定のタイプのプロジェクトにおける要求の章を設けた:ビジネスプロセス自動化、パッケージソリューション、リプレースにおける追加要求、アウトソーシング・プロジェクト、ビジネスアナリティクス、組み込みシステムやリアルタイムシステム
    ・要求開発ツールや要求管理ツールに関する検討を拡張
    ・テンプレート、チェックリスト、スプレッドシートツールやその他、補完情報の改訂および新規追加

     本書は10年間の要求開発を取り巻く技術トレンドの変遷をカバーしていますが、そのトレンドの1つは「ビジネスアナリシス」に関わるものでしょう。本書ではさまざまな章でビジネスアナリシスについて言及するのみならず、「ビジネスアナリスト」について新たに第4章を設けています。この10年間に欧米から始まって「ビジネスアナリシス」に対する認知が高まり、「ビジネスアナリシス」のプラクティスが要求開発のプラクティスとして重要視されてきていることをうかがい知ることができます。事実本書では、非営利団体IIBA(International Institute of Business Analysis)が開発・刊行する「BABOK(ビジネスアナリシスの知識体系ガイド)」を頻繁に参照しています。

     多様なソフトウェア開発プロジェクトの要求開発(要求分析/RFP)に携わるすべてのSE/ICT技術者に必携の書です。
  • 著者について

    Karl Wiegers (カール ウィガーズ)
    ソフトウェア要求工学、プロセス改革、ソフトウェア品質などのコンサルティングと教育に従事。工学博士。Eastman Kodakで18年間、フォトグラフィック調査サイエンティスト、ソフトウェア開発者、ソフトウェアプロセス&品質改善リーダーなどの経験を持つ。米国でJolt Productivity Awardを受賞した代表的な著書の改訂版である「ソフトウェア要求 第2版」や「要求開発と要求管理」(いずれも日経BPソフトプレス)の著者。

    渡部 洋子 (ワタナベ ヨウコ)
    宮崎県出身で札幌市在住のITコーディネータ。戦略経営ネットワーク共同組合理事。IT系コンサル、ISMS関連の仕事、翻訳に携わっている。監訳書に『ソフトウェア要求』、『RFP入門』、『脅威モデル』、『次世代CIO』(以上、日経BPソフトプレス)、翻訳書に『ITエンジニアのためのビジネスアナリシス‐ ビジネスルールからのソリューション構築』(日経BP社)など。『ビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOKガイド)』(Version 2.0)の翻訳チームにも参加。

    宗 雅彦 (ソウ マサヒコ)
    宮崎県出身で札幌市在住のITコーディネータ。戦略経営ネットワーク共同組合理事。IT系コンサル、ISMS関連の仕事、翻訳に携わっている。監訳書に『ソフトウェア要求』、『RFP入門』、『脅威モデル』、『次世代CIO』(以上、日経BPソフトプレス)、翻訳書に『ITエンジニアのためのビジネスアナリシス‐ ビジネスルールからのソリューション構築』(日経BP社)など。『ビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOKガイド)』(Version 2.0)の翻訳チームにも参加。株式会社サイクス代表取締役(http://www.cyx.co.jp)

    Joy Beatty (ジョイ ビーティ)
    要求コミュニティのリーダーとして活動を続けており、複数の業界団体に参加。現在は、International Institute of Business Analysts(IIBA)のコアチームで、A Guide to the Business Analysis Body of Knowledge(BABOK Guide)の改訂作業を進めている。主な著書は「ソフトウェア要求のためのビジュアルモデル」(共著、日経BP社)。

ソフトウェア要求 第3版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日経BP社
著者名:カール ウィーガーズ(著)/ジョイ ビーティ(著)/渡部 洋子(訳)/宗 雅彦(監修)
発行年月日:2014/11/04
ISBN-10:4822298396
ISBN-13:9784822298395
判型:B5
発売社名:日経BPマーケティング
対象:専門
発行形態:単行本
内容:情報科学
言語:日本語
ページ数:714ページ
縦:24cm
横:19cm
その他:原書第3版 原書名: Software Requirements,Third Edition〈Wiegers,Karl;Beatty,Joy〉

    日経BP社 ソフトウェア要求 第3版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!