現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか [単行本]
    • 現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002210046

現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幸福の科学出版
販売開始日:2014/11/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 192460位

現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    汚名返上となるか!?それとも、とどめの一撃か!?天上界からの「天声人語」が朝日新聞の命運を語る!従軍慰安婦問題の真相、河野・村山談話の見直し…深代氏が考える真のジャーナリズムとは?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「天声人語」の名コラムニスト・深代惇郎を招霊する
    「朝日誤報事件」を天からどう見るか
    一連の歴史認識問題の「台風の目」とは
    朝日はなぜ「左翼」になったのか
    「南京大虐殺」をつくった「朝日の責任」とは
    「河野談話」「村山談話」をどう見るか
    新聞・テレビの裏にある「もう一つの言論パワー」とは
    朝日が必要とする「新しい根本哲学」とは
    これからの「マスコミの王様」はどこか
    名コラムニスト・深代惇郎の「大物」の過去世を探る
    深代惇郎の霊言を終えて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大川 隆法(オオカワ リュウホウ)
    幸福の科学グループ創始者兼総裁。1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。86年、「幸福の科学」を設立。現在、全国および海外に数多くの精舎を建立し、精力的に活動を展開している。幸福実現党、幸福の科学学園中学校・高等学校の創立者でもある

現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか の商品スペック

商品仕様
出版社名:幸福の科学出版
著者名:大川 隆法(著)
発行年月日:2014/10/31
ISBN-10:4863955898
ISBN-13:9784863955899
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:191ページ
縦:19cm

    幸福の科学出版 現代ジャーナリズム論批判―伝説の名コラムニスト深代惇郎は天の声をどう人に語るか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!