物理学講義 電磁気学 [単行本]
    • 物理学講義 電磁気学 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002225522

物理学講義 電磁気学 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日:2014/11/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 62892位

物理学講義 電磁気学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    はじめて電磁気学を学ぶ人を対象とした、やさしい教科書・入門書である。学習者の理解を高めるために、各章の冒頭には学習目標を提示し、章末には学習した内容をきちんと理解できたかどうかを学習者自身に確認してもらうためのポイントチェックのコーナーが用意されている。さらに、本文中の重要箇所については、ポイントであることを示す吹き出しが付いており、問題解答には、間違ったり解けなかった場合に対するフィードバックを示すなど、随所に工夫の見られる構成となっている。また、なぜそのようになるのか、なぜそのように考えるのか、という点について、一般的にはあまり解説がなされていないようなことについても触れられている。
  • 目次

    1 電荷と電場
     1.1 クーロンの法則
     1.2 遠隔作用と近接作用
     1.3 クーロン力の近接作用的表現 -電場の導入
     1.4 電気力線
     1.5 電荷密度
     1.6 まとめとポイントチェック

    2 静電場
     2.1 積分形のガウスの法則
     2.2 ガウスの法則の応用
     2.3 導体の静電場
     2.4 積分形の渦なしの法則
     2.5 微分形の静電場の基本法則
     2.6 まとめとポイントチェック

    3 静電ポテンシャル
     3.1 渦なしの法則と勾配の場
     3.2 静電ポテンシャルの物理的意味
     3.3 点電荷の静電ポテンシャル
     3.4 等電位面
     3.5 ポアソン方程式
     3.6 まとめとポイントチェック

    4 静電ポテンシャルと導体
     4.1 点電荷の静電エネルギー
     4.2 導体の周りの静電ポテンシャル
     4.3 導体の電気容量
     4.4 コンデンサー
     4.5 静電場のエネルギー
     4.6 まとめとポイントチェック

    5 電流の性質
     5.1 電流
     5.2 電荷の保存則
     5.3 定常電流
     5.4 オームの法則
     5.5 電気伝導度の導出
     5.6 まとめとポイントチェック

    6 静磁場
     6.1 磁荷に関するクーロンの法則と磁場
     6.2 磁力線の性質
     6.3 磁場に関するガウスの法則
     6.4 電流の磁気作用 -エールステッドの発見
     6.5 電流の磁気作用 -アンペールの実験
     6.6 積分形のアンペールの法則
     6.7 微分形のアンペールの法則
     6.8 静磁場の基本法則
     6.9 まとめとポイントチェック

    7 磁場とベクトル・ポテンシャル
     7.1 ベクトル・ポテンシャル
     7.2 ベクトル・ポテンシャルのポアソン方程式
     7.3 ビオ‐サバールの法則
     7.4 まとめとポイントチェック

    8 ローレンツ力
     8.1 アンペールの力
     8.2 ローレンツ力
     8.3 電磁場中の荷電粒子の運動
     8.4 まとめとポイントチェック

    9 時間変動する電場と磁場
     9.1 アンペール‐マクスウェルの法則
     9.2 ファラデーの電磁誘導の法則
     9.3 電磁誘導の法則の本質
     9.4 電磁誘導の法則の積分形と微分形
     9.5 まとめとポイントチェック

    10 電磁場の基本的な法則
     10.1 マクスウェル方程式
     10.2 電荷保存則
     10.3 運動量保存則
     10.4 エネルギー保存則
     10.5 まとめとポイントチェック

    11 電磁波と光
     11.1 真空中の電磁場
     11.2 電磁場の波動方程式
     11.3 電磁波の性質
     11.4 いろいろな電磁波
     11.5 まとめとポイントチェック

    12 電磁ポテンシャル
     12.1 スカラー・ポテンシャルとベクトル・ポテンシャル
     12.2 電磁ポテンシャルが満たす方程式
     12.3 電磁ポテンシャルの任意性
     12.4 ローレンツ・ゲージ
     12.5 遅延ポテンシャル
     12.6 まとめとポイントチェック

    付録A ベクトル解析の公式
    付録B ガウスの定理 (2.21) の証明
    付録C ストークスの定理 (2.24) の証明
    付録D 電気容量係数の相反定理
    付録E 静電場のエネルギー密度
    付録F ゲージ理論としての電磁気学

    あとがき
    問題解答
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松下 貢(マツシタ ミツグ)
    1943年富山県出身。東京大学工学部物理工学科卒、同大学院理学系物理学博士課程修了。日本電子(株)開発部、東北大学電気通信研究所助手、中央大学理工学部助教授、教授を経て、同大学名誉教授。理学博士
  • 出版社からのコメント

    丁寧でわかりやすい解説で定評のある松下貢先生による入門書。「なぜそのようになるのか」「なぜそのように考えるのか」にも触れた。
  • 内容紹介

    丁寧でわかりやすい解説で定評のある松下貢先生ご執筆による電磁気学の教科書・入門書。姉妹書の『物理学講義 力学』や『物理学講義 熱力学』と同様に、学習者の理解を高めるために、各章の冒頭には学習目標を提示し、章末には学習した内容をきちんと理解できたかどうかを学習者自身に確認してもらうためのポイントチェックのコーナーが用意されている。さらに、本文中の重要箇所については、ポイントであることを示す吹き出しが付いており、問題解答には、間違ったり解けなかった場合に対するフィードバックを示すなど、随所に工夫の見られる構成となっている。
    また、本書の大きな特徴として、「なぜそのようになるのか」「なぜそのように考えるのか」という点について、一般的にはあまり解説がなされていないようなことについても触れた。
  • 著者について

    松下 貢 (マツシタ ミツグ)
    中央大学名誉教授、理学博士

物理学講義 電磁気学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:松下 貢(著)
発行年月日:2014/11/25
ISBN-10:4785322462
ISBN-13:9784785322465
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:244ページ
縦:21cm

    裳華房 物理学講義 電磁気学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!