もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫]
    • もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫]

    • ¥73723ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月16日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002226448

もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫]

価格:¥737(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月16日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日:2014/12/04
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 134955位

もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    なぜ村上春樹文学には、朝ご飯を食べたりお掃除をしたりするシーンが頻繁に描かれるのだろう?司馬遼太郎の後継者としての村上春樹から、「正しいふるまい」のマニュアルのない世界で生きるヒントまで、村上文学の多彩な魅力を掘り下げた異色の一冊。「多崎つくる」論、「女のいない男たち」論を加えた文庫オリジナルバージョン。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 初心者のための村上春樹の「ここが読みどころ」
    2 『1Q84』とエルサレム・スピーチを読む
    3 村上春樹の世界性
    特別対談 柴田元幸×内田樹『村上春樹はからだで読む』
    4 翻訳家・村上春樹
    5 うなぎと倍音
    6 雪かきくん、世界を救う
    文庫版特別付録
  • 内容紹介

    村上春樹は司馬遼太郎の後継者である

    なぜ村上春樹作品には、ご飯を作ったり掃除をしたりするシーンが多出するのか? 独自の視点で村上文学の世界性を浮き彫りにする。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    内田 樹(ウチダ タツル)
    1950年、東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学文学部名誉教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。2007年、『私家版・ユダヤ文化論』で第6回小林秀雄賞を受賞。『日本辺境論』で新書大賞2010を受賞。2011年、第3回伊丹十三賞を受賞

もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:内田 樹(著)
発行年月日:2014/12/10
ISBN-10:4167902591
ISBN-13:9784167902599
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:328ページ
縦:16cm

    文藝春秋 もういちど村上春樹にご用心(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!