重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本]
    • 重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002229373

重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2014/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「地域」とは何か。地域主義とは、地域制度とは何か。アジアにおける「地域」構築の試みに、「アジアの中の日本」のあり方を問う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 アジアにおける重層的「地域」への着目
    第1章 「地域」形成の論理とアジア
    第2章 重層的「地域」の萌芽
    第3章 「アジア太平洋」対「東アジア」
    第4章 「東アジア」と「拡大東アジア」
    第5章 「東南アジア」と「北東アジア」
    第6章 変容する重層的「地域」
    終章 重層的「地域」としてのアジア―課題と展望
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大庭 三枝(オオバ ミエ)
    1968年、東京に生まれる。1991年、国際基督教大学教養学部卒業。1998年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科助手、東京理科大学工学部第一部准教授等を経て、東京理科大学工学部第一部教授。博士(学術)。専門は、国際関係論。特にアジアにおける地域主義、地域統合の理論的・実証的分析。著書に『アジア太平洋地域形成への道程―境界国家日豪のアイデンティティ模索と地域主義』(ミネルヴァ書房、2004年、大平正芳記念賞・NIRA大来政策研究賞受賞)など

重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:大庭 三枝(著)
発行年月日:2014/11/20
ISBN-10:4641149100
ISBN-13:9784641149106
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
ページ数:343ページ
縦:22cm
横:16cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 重層的地域としてのアジア―対立と共存の構図 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!