新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本]
    • 新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002237534

新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月24日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2014/12/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「人」を権利義務の主体として抽象的に見るのではなく、人格の主体、家族を有するものとして捉える。そのような厚みのある「人」「個人」を出発点として、家族法を考える。
  • 目次

    総論 個人と家族・親族(UNIT1)
    序章 女性と老後(UNIT2扶養と成年後見)
    第1章 女性と財産
     第1節 婚姻継続中の財産(UNIT3)
     第2節 婚姻解消時の財産(UNIT4)
    第2章 女性と人格
     第1節 氏名(UNIT5)
     第2節 性(UNIT6)
     第3節 生殖
      第1 産む自由(UNIT7)
      第2 産まない自由(UNIT8)
    第3章 女性と結婚
     第1節 婚姻の要件(UNIT9)
     第2節 離婚の要件(UNIT 10)
    第4章 女性と子ども
     第1節 親権(UNIT 11)
     第2節 養子縁組(UNIT 12)
    補論 現代における家族法立法(UNIT 13)
  • 出版社からのコメント

    新基本民法第1弾。人格・家族関係の主体としての厚みのある「人」を中心とした民法(家族法)を学ぶ。2色刷。
  • 内容紹介

    抽象的な「人」ではなく,人格・家族関係の主体としての「人」を中心とした民法(親族法)を学ぶ。親しみやすくわかりやすい叙述。図表を駆使すると共に,各ユニットに,統括する問い,重要な文章や用語を明示し,学びを助ける工夫を凝らす。2色刷。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大村 敦志(オオムラ アツシ)
    1958年生まれ。1982年東京大学法学部卒業。現在、東京大学法学部教授
  • 著者について

    大村 敦志 (オオムラ アツシ)
    東京大学教授

新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:大村 敦志(著)
発行年月日:2014/12/20
ISBN-10:4641136947
ISBN-13:9784641136946
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:22cm
その他:女性と子どもの法
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 新基本民法〈7〉家族編―女性と子どもの法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!