珠玉のポーランド絵画 [単行本]
    • 珠玉のポーランド絵画 [単行本]

    • ¥9,936299ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002242231

珠玉のポーランド絵画 [単行本]

価格:¥9,936(税込)
ポイント:299ポイント(3%還元)(¥299相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:創元社
販売開始日:2014/12/20
ご確認事項:返品不可

珠玉のポーランド絵画 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    プロローグ

    第1章 ロマネスクとゴシック
    ロマネスク/ゴシック

    第2章 ルネサンスから啓蒙改革期まで
    ルネサンス/バロック/啓蒙改革期

    第3章 三国分割時代
    19世紀の様々な変化/西欧の流れの受容/ロマン主義絵画の巨匠ミハウォフスキ/パリのポーランド人画家/シムレルのバルバラ/ポーランド人の歴史観を形成したマテイコ/グロトゲルの力/ミュンヘン派/ゲルソンとシェミラツキ/ポーランド絵画の幸福の時――「若きポーランド」/ヴィスピャンスキという才/マルチェフスキの使命/様々な個性/ポーランド人の自然観と風景画/内面を洞察した肖像画/成熟とバランス

    第4章 独立回復から現代まで
    1918年 ポーランド国家の再生/1930年代 パリ委員会/第二次世界大戦後/1955年 雪どけ以後/1970年代 ハプニング、パフォーマンス/1980年代 ニュー・ペインティング/90年代以降から21世紀 新たな表現形式の登場と伝統への挑戦

    エピローグ

    訳者あとがき

    画家およびその掲載作品

    ポーランド時代別略地図

    関連年表

    カラー写真撮影者一覧
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ポプシェンツカ,マリア(ポプシェンツカ,マリア/Poprz〓cka,Maria)
    1942年ワルシャワ生まれ。1989年より2008年までワルシャワ大学美術史研究所長。現在はワルシャワ大学人文学部教授。1998年より美術史学会長。2009年に『異質な絵画目、まなざし、芸術アルベルティからデュシャンまで』でグディニャ文学賞を受賞、2010年には著書『珠玉のポーランド絵画』に対して文化・国家遺産省より賞が贈られた。専門は19世紀から20世紀の美術、現代美術、芸術理論並びに批評史、芸術学の方法論など。近年は主に現代の視覚美術について、とりわけその歴史的、価値論的側面に注目しつつ研究している

    渡辺 克義(ワタナベ カツヨシ)
    新潟県生まれ。東京外国語大学卒。東京大学大学院博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、山口県立大学教員

    加須屋 明子(カスヤ アキコ)
    兵庫県生まれ。京都大学卒。京都大学大学院博士課程修了。国立国際美術館学芸員を経て、京都市立芸術大学准教授

    小川 万海子(オガワ マミコ)
    東京都生まれ。慶應義塾大学卒。東京外国語大学大学院博士前期課程修了。外務省勤務(1994‐2004年)
  • 出版社からのコメント

    今までの西洋美術史では見られなかった作品を一挙に紹介する、日本初のポーランド絵画入門書。複雑な歴史が生んだ豊かな美術。
  • 内容紹介

    日本で初めて、14世紀から21世紀までのポーランド絵画史をたどることができる美術書。三国分割や武装蜂起と敗北の繰り返し、東西冷戦など、複雑なポーランドの歴史の中で、常に民族の使命、祖国愛の使命、政治的・社会的な使命を担いつつ、芳醇な作品を生み出してきたポーランド美術。旧西側主導の西洋美術史では見ることができなかった作品の数々を、豊富なカラー図版と共にたどることができる、最良のポーランド絵画入門書。
  • 著者について

    マリア・ポプシェンツカ (マリア ポプシェンツカ)
    1942年ワルシャワ生まれ。1989年より2008年までワルシャワ大学美術史研究所長。現在はワルシャワ大学人文学部教授。1998年より美術史学会長。2009年に『異質な絵画 目,まなざし,芸術 アルベルティからデュシャンまで』でグディニャ文学賞を受賞,2010年には本書『珠玉のポーランド絵画』に対して文化・国家遺産省より賞が贈られた。専門は19世紀から20世紀の美術,現代美術,芸術理論並びに批評史,芸術学の方法論など。近年は主に現代の視覚美術について,とりわけその歴史的,価値論的側面に注目しつつ研究している。美術批評や各種エッセイも執筆し,美術の知識の普及に努める。

    渡辺 克義 (ワタナベ カツヨシ)
    新潟県生まれ。東京外国語大学卒。東京大学大学院博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、山口県立大学教員。主著書:『ポーランド人の姓名 ポーランド固有名詞学研究序説』(ふくろう出版)、『ポーランド語の風景 日本語の窓を通して見えるもの』(現代書館)、 『ポーランド語作文教本』(東洋書店)

    加須屋 明子 (カスヤ アキコ)
    兵庫県生まれ。京都大学卒。京都大学大学院博士課程修了。国立国際美術館学芸員を経て、現在、京都市立芸術大学准教授。主著訳書:『ポーランド学を学ぶ人のために』(世界思想社、共著)、『アヴァンギャルド宣言 中東欧のモダニズム』(三元社、共訳)、『中欧のモダン・アート ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー』(彩流社、共著)、『ポーランドの前衛美術 生き延びるための「応用ファンタジー」』(創元社)

    小川 万海子 (オガワ マミコ)
    東京都生まれ。慶応義塾大学卒。東京外国語大学大学院博士前期課程修了。外務省勤務(1994-2004年)。主著書:『ウクライナの発見 ポーランド文学・美術の十九世紀』(藤原書店)

珠玉のポーランド絵画 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:創元社 ※出版地:大阪
著者名:マリア ポプシェンツカ(著)/渡辺 克義(訳)/加須屋 明子(訳)/小川 万海子(訳)
発行年月日:2014/12/20
ISBN-10:4422700804
ISBN-13:9784422700809
判型:規大
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:235ページ
縦:31cm
その他: 原書名: ARCYDZIELA MALARSTWA POLSKIEGO〈Poprzecka,Maria〉

    創元社 珠玉のポーランド絵画 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!