陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫]
    • 陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫]

    • ¥57218ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002244287

陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫]

  • 4.0
価格:¥572(税込)
ポイント:18ポイント(3%還元)(¥18相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月19日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2015/01/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    蔵人・橘盛季に届けられた恋文。やがて姫君のもとに通うようになった男は一族の秘密を覗き見る(「銅酒を飲む女」)。貴公子・藤原道長は父・兼家に起きた異常事態を晴明と博雅に訴える(「首大臣」)。仲睦まじい猟師の兄弟を喰らおうとする者の正体とは(「夜叉婆あ」)。平安の都に蠢く生きとし生けるものの歓びと哀しみを活写する九篇。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    銅酒を飲む女;桜闇、女の首。;首大臣;道満、酒を馳走されて死人と添い寝する語;めなし;新山月記;牛怪;望月の五位;夜叉婆あ
  • 内容紹介

    大人気シリーズ、澄みわたる筆が都の怪異を活写!

    可愛い故に我が子を食べようとする母、己れの詩才を恃むあまり虎になった男。都の怪異を鎮めるべく、今宵も安倍晴明と源博雅がゆく。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    夢枕 獏(ユメマクラ バク)
    昭和26(1951)年、神奈川県小田原市生れ。48年、東海大学日本文学科卒業。52年、「奇想天外」誌に「カエルの死」を書いてデビュー。『上弦の月を喰べる獅子』で、平成元年に第10回日本SF大賞、2年に第21回星雲賞(日本長編部門)を受賞。3年に第22回星雲賞(日本短編部門)を「上段の突きを喰らう猪獅子」で受賞。『神々の山嶺』で、10年に第11回柴田錬三郎賞を受賞。『大江戸釣客伝』で、23年に第39回泉鏡花文学賞、第5回舟橋聖一文学賞、翌年に第46回吉川英治文学賞を受賞

陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:夢枕 獏(著)
発行年月日:2015/01/10
ISBN-10:4167902702
ISBN-13:9784167902704
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:294ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 陰陽師 酔月ノ巻(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!