経済で読み解く大東亜戦争 [単行本]
    • 経済で読み解く大東亜戦争 [単行本]

    • ¥1,21037ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月13日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002246987

経済で読み解く大東亜戦争 [単行本]

  • 4.4
価格:¥1,210(税込)
ポイント:37ポイント(3%還元)(¥37相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月13日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KKベストセラーズ
販売開始日: 2015/01/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

経済で読み解く大東亜戦争 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本は70年前も「資本主義」の“強国”だった。「金本位制」復帰による「世界恐慌」で瀕死の欧米、「共産革命」のソ連&中国…。グローバル経済の荒波に立ち向かった日本の苦闘を“経済的視点”で描く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 経済と戦争の相関―「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!(「軍部の台頭」というファンタジー
    「昭和恐慌」の真因は“インフレ”ではなく“デフレ” ほか)
    第1部 第一次世界大戦までの世界経済の動向―「金本位制」が世界経済を成長させ、そして、奈落に突き落とした…(「金本位制」がやってきた!
    島国のイギリスが「経済大国」になった理由 ほか)
    第2部 第一次世界大戦の明暗―凋落するドイツとフランス、台頭するアメリカと日本(超不安定だった「1907年恐慌」後の世界経済
    不幸な偶然の連鎖が生んだ「第一次世界大戦」 ほか)
    第3部 第二次世界大戦前夜の日本経済―日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか(金本位制絶対派vs.元祖・リフレ派
    政界・財界に蔓延っていた「金本位心性」という病 ほか)
    終章 日本の戦後復興―焼け野原から「高度経済成長」を成し遂げた奇跡の国・日本(被害総額=約1340億円、失業者1000万人以上
    「公定価格」と「闇市価格」の乖離 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上念 司(ジョウネン ツカサ)
    1969年、東京都生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。在学中は創立1901年の弁論部・辞達学会に所属。日本長期信用銀行、臨海セミナーを経て独立。2007年、経済評論家・勝間和代と株式会社「監査と分析」を設立。取締役・共同事業パートナーに就任(現在は代表取締役)。2010年、米国イェール大学経済学部の浜田宏一教授に師事し、薫陶を受ける。金融、財政、外交、防衛問題に精通し、積極的な評論、著述活動を展開している

経済で読み解く大東亜戦争 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ベストセラーズ
著者名:上念 司(著)
発行年月日:2015/02/05
ISBN-10:4584136157
ISBN-13:9784584136157
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:255ページ
縦:18cm
他のKKベストセラーズの書籍を探す

    KKベストセラーズ 経済で読み解く大東亜戦争 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!