元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) [新書]

販売休止中です

    • 元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
100000009002247841

元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:角川書店
販売開始日:2015/01/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 157422位

元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    内部の人間としてかかわってきた著者による「タカラヅカ」の強み、弱み、機会、脅威―。100年続いたロマンと算盤。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「タカラヅカ」の基礎知識(総勢400名の女性のみで構成される劇団
    5組の平等なビジネスユニット ほか)
    第2章 宝塚歌劇のビジネスモデル(黎明期の戦略
    気楽な立ち位置によって生まれた独特なポジション ほか)
    第3章 宝塚歌劇ビジネスの特徴(宝塚歌劇における垂直統合システムとは
    垂直統合システムを採用する根拠 ほか)
    第4章 宝塚歌劇とAKB48(「シロウト」と未完成
    シロウトの神格化とは? ほか)
    第5章 タカラヅカのこれからと業界の未来(不変の真理はそのままに
    「創って作って売る」再び ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    森下 信雄(モリシタ ノブオ)
    1963年、岡山県高梁市生まれ。86年、香川大学卒業後、阪急電鉄株式会社入社。鉄道現場(駅務員、車掌、運転士)、梅田茶屋町再開発計画担当、阪急西宮スタジアム(阪急西宮救場)副支配人を経て、98年、宝塚歌劇団に出向。歌劇団にて制作課長、星組プロデューサー、次いで株式会社宝塚舞台にて劇場部長、2004年に阪急電鉄へ復職し、歌劇事業部事業推進課長、宝塚総支配人と宝塚歌劇事業全般を経験する。08年に株式会社梅田芸術劇場に出向、常務取締役として社業全般を統括。11年、阪急電鉄を退職。現在は大阪で人材紹介コンサルタントとして活動

元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:森下 信雄(著)
発行年月日:2015/01/10
ISBN-10:404102188X
ISBN-13:9784041021880
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:210ページ
縦:18cm

    角川書店 元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略(角川oneテーマ21) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!