なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる [単行本]

販売休止中です

    • なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
100000009002250682

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:東洋経済新報社
販売開始日: 2015/01/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人気企業が隠している就活の「裏側」、「企業は何を思っているか」「どうしてそんなことをするのか」ということの裏事情を、事例や実務をもとに、詳しく説明。
  • 目次

    はじめに 「面接で最高の自分を」って、あんたバカ言わんで

    【Part1 募集から採用まで 人気企業の「手口」、ぜんぶ】
    質問 インターンシップに行くと仕事や会社が見えてきますか?
    カリスマの答え× いいえ。まったくわからないでしょう。

    質問 20代でもトップになれる企業っていいですね。
    カリスマの答え△ 30代になったらどうなるのでしょうか……。

    質問 説明会の予約がとれません。大学名で差別はあるのですか?
    カリスマの答え○ はい、もちろんあります。

    質問 エントリーシートって、やっぱり重要ですか?
    カリスマの答え△ 利用のされ方は3つに分かれます。

    質問 委員長やNPO代表などの華々しい経験がないのですが……。
    カリスマの答え× 「委員長? だから、何?」程度に見ています。

    質問 英語ができると就活に有利ってホントですか?
    カリスマの答え× 土産物屋さんや観光ガイドなら必要でしょうが……。

    質問 大学名に自信がないので、資格をたくさんとろうかと……。
    カリスマの答え× 弁護士や会計士くらいの難資格でなければ無意味です。  

    質問 アルバイトやサークルの話は意味がないってホントですか?
    カリスマの答え× それで受かった人もいます。内容次第です。  他

    【Part2 就活にまつわるニセ情報をメッタ斬り!】
    質問 人気ランキングを操作してる企業があるって本当ですか?
    カリスマの答え○ たしかに、無意味な努力をしている企業があります。

    質問 人気順位の高い企業は、将来も安定しているでしょうか?
    カリスマの答え△ それほど安定はしていません。

    質問 新卒採用は年々減って、厳選化が進んでいるのですか?
    カリスマの答え× 厳選化なんて起きていません。

    質問 結局、企業ってあいまいな基準で選考をしているのでしょ?
    カリスマの答え× 学歴以外にも、しっかり見ているポイントがあります。

    質問 外国人採用が増え、日本人はますます苦しくなりますか?
    カリスマの答え× 過熱感は減り、だいぶ冷静になっています。

    質問 入社後に宴会芸をさせられますか。日本的で嫌です。
    カリスマの答え○はい。でも欧米には欧米のつらさがあります。  他
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    海老原 嗣生(エビハラ ツグオ)
    雇用ジャーナリスト。経済産業研究所労働市場制度改革プロジェクトメンバー、広島県雇用推進アドバイザー、京都精華大学非常勤講師。1964年生まれ。リクルートグループで20年間以上、雇用の現場を経験。リクルートキャリア社のフェロー(特別研究員)第1号としても活躍し、同社発行の人事・経営専門誌「HRmics」の編集長を務める。雇用・労働分野の著書多数
  • 出版社からのコメント

    人気企業が隠している就活の「裏側」を、バカ正直に明らかにする。採用の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる。
  • 内容紹介

    ■これ以上、怪しい「ノウハウ」に踊らされてほしくないから。
     人気企業が隠している採用の「手口」、ぜんぶ、バカ正直に書きました。

    ■どれくらい「バカ正直」かというと……
     学生「大学名で、差別はあるのですか?」
     筆者「はい、もちろんあります」
     学生「いわゆる『学歴フィルター』ですか?」
     筆者「いいえ、もっと巧妙にやってます」
     これくらいです!

    ■人気企業の「手口」を一挙公開!
     知れば、就活の悩みは9割なくなる。
    ・「インターンシップ」では、会社も仕事もわからない
    ・大学名での差別は、「会社説明会」から始まる
    ・「適性検査」をどう利用しているのか
    ・企業が「面接」で見ているたった2つのポイント
    ・NPO代表などの「肩書き」は、「だから何?」程度に見ている
    ・「TOEIC」も「資格」も、それだけではほぼ無意味
    ・「人気企業ランキング」を操作する企業
    ・新卒採用の「厳選化」なんて起きてない
    ・「女子のほうが優秀」と言われる本当の理由 etc.

    ■~「はじめに」より~
    そろそろ、企業は何を考えているか、手の内をしっかり見せたほうがいいのではないかと思い、
    この本を書くことにしました。現実を知れば、「何だ、簡単だな」とホッとできる部分もあり、
    逆に「そういうエゲツない世界なのか」と殺伐とした気持ちになるかもしれません。
    それでも、まったく的はずれな噂に恐れおののくよりはいいでしょう。企業の現実を知れば、
    ムダな努力もしなくなるはずです。そういう、「企業は何を思っているか」「どうしてそんなことをするのか」ということの
    裏事情を、事例や実務をもとに、詳しく説明していきます。
  • 著者について

    海老原 嗣生 (エビハラ ツグオ)
    海老原 嗣生(エビハラ ツグオ)
    雇用ジャーナリスト
    経済産業研究所労働市場制度改革プロジェクトメンバー、広島県雇用推進アドバイザー、京都精華大学非常勤講師。1964年生まれ。リクルートグループで20年間以上、雇用の現場を見てきた経験から、雇用・労働の分野には驚くほど多くのウソがまかり通っていることを指摘し、本来扱うべき“本当の問題”とその解決策を提言し続けている「人事・雇用のカリスマ」。リクルートキャリア社のフェロー(特別研究員)第1号としても活躍し、同社発行の人事・経営専門誌「HRmics」の編集長を務める。
    ロングセラーの就職活動本『面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと』『2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本』(共にプレジデント社)の他、雇用・労働分野の著書多数。

なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:海老原 嗣生(著)
発行年月日:2015/01/29
ISBN-10:4492223525
ISBN-13:9784492223529
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:229ページ
縦:19cm
他の東洋経済新報社の書籍を探す

    東洋経済新報社 なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?―人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!