父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) [文庫]
    • 父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) [文庫]

    • ¥60519ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月18日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) [文庫]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002256607

父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) [文庫]

価格:¥605(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月18日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2015/01/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 113236位

父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人類の歩みは「父」の創造から始まった―ゴリラ研究の第一人者が、丹念なフィールドワークと深い洞察に基づいて、人類に備わる特性のルーツに迫る。なぜヒトは家族で暮らすのか、父親の存在とは何か。恋愛、同性愛、遊び、食事…。コンゴの森に分け入り、野生のゴリラと触れ合って研究を続ける霊長類学者が、「父性」を手がかりにヒトの社会を考察する。発見に満ちた文明論!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 父という余分なもの
    1(直立歩行は舌から始まった
    異国の女性が美人に見えるわけ
    同性愛はなぜあるか)
    2(家族という複雑系
    父系の二つの源流)
    3(ゴリラと暮らす)
    4(サルに探る文明の起源(対話=三浦雅士))
    エピローグ ゴリラがヒトを救うとき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山極 寿一(ヤマギワ ジュイチ)
    1952(昭和27)年東京生れ。霊長類学者・人類学者。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程修了。コンゴ・カリソケ研究センター研究員、日本モンキーセンター、京都大学霊長類研究所、同大学院理学研究科助教授を経て同研究科教授。2014(平成26)年10月から京都大学総長
  • 出版社からのコメント

    人類の起源とは何か、家族とは何か――コンゴの森で野生のゴリラと暮らし、その生態を追う霊長類学者による発見に満ちた文明論!
  • 内容紹介

    人類の歩みは「父」の創造から始まった――ゴリラ研究の第一人者が、丹念なフィールドワークと深い洞察に基づいて、人類に備わる特性のルーツに迫る。なぜヒトは家族で暮らすのか、父親の存在とは何か。恋愛、同性愛、遊び、食事……。コンゴの森に分け入り、野生のゴリラと触れ合って研究を続ける霊長類学者が、「父性」を手がかりにヒトの社会を考察する。発見に満ちた文明論! 

父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:山極 寿一(著)
発行年月日:2015/02/01
ISBN-10:4101265917
ISBN-13:9784101265919
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:325ページ
縦:16cm

    新潮社 父という余分なもの―サルに探る文明の起源(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!