ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? [単行本]
    • ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002268455

ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2015/02/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「風俗画」の謎と魅力(なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか?―フェルメール『天文学者』;「あの世の幸せ」と「この世の幸せ」を天秤にかける―マセイス『両替商とその妻』;ほんとうに騙されているのは誰か?―レニエ『女占い師』 ほか)
    第2章 「日常生活のなかの美」を求めて(文字を学ぶ子ども―テル・ボルフ『読み方の練習』;日々の営み―ダウ『田舎の料理人の女』または『水を注ぐ女』;母と子の情愛―フェルコリエ1世『授乳する女性』 ほか)
    第3章 「ルーヴル美術館の名画」にみるヨーロッパ絵画の仕組み(ヨーロッパ絵画の仕組みと「風俗画」の誕生;ルーヴル美術館、その絶え間なき挑戦;「時のギャラリー」という体験)
  • 内容紹介

    「風俗画」の見方と魅力をわかりやすく解説

    ルーヴル美術館が誇る、フェルメール《天文学者》をはじめ、レンブラントや ルーベンス、ティツィアーノ、ブーシェ、ヴァトー、ミレーなど、ヨーロッパ絵画の巨匠たちによる「風俗画」の名画の数々を、美麗な図版で紹介。また、「風俗画」の読み解き方や魅力を、展示場では見えないような部分の詳細な拡大図も用いてわかりやすく解説。さらに日本が誇る「風俗画」である「浮世絵」との比較で、理解と親近感を深めます。他に類を見ない、ビジュアル主体の「風俗画」入門書です。
    本書は、2015年2月21日~9月27日という7ヶ月間余りの長期にわたり、東京・六本木の新国立美術館と京都市美術館の2会場で開催される(主催:日本テレビ)「ルーヴル美術館展 日常を描く――風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」のオフィシャル・ブック。ルーヴル美術館館長や展覧会監修者らへのインタビューも含め、2015年話題の美術展の鑑賞ガイドとしても最適です。


    図書館選書
    ルーヴル美術館が誇るフェルメールやレンブラント、ルーベンス、ティツィアーノ、ブーシェ、ヴァトー、ミレーらの巨匠による「風俗画」の名作を満載。美麗な図版とともにそれら名画の見方と魅力をわかりやすく解説
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    尾崎 彰宏(オザキ アキヒロ)
    1955年福井県生まれ。美術史家。東北大学大学院文学研究科教授。東北大学大学院文学研究科博士課程後期退学(美学・西洋美術史専攻)。専門はネーデルラント美術を中心とした西洋美術史

ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:尾崎 彰宏(監修)
発行年月日:2015/02/15
ISBN-10:409388403X
ISBN-13:9784093884037
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:95ページ
縦:26cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ルーヴル美術館の名画 フェルメールと「風俗画」の巨匠たち―なぜ「天文学者」はキモノを着ているのか? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!