書店員の小出版社巡礼記 [単行本]

販売休止中です

    • 書店員の小出版社巡礼記 [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
100000009002269975

書店員の小出版社巡礼記 [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
日本全国配達料金無料
出版社:地方・小出版流通センター
販売開始日:2007/11/09
ご確認事項:返品不可

書店員の小出版社巡礼記 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本にはおよそ4500の出版社がある。多くは、一般には知名度のない小出版社である。しかし、その創業理念、豊かな本づくり、そこには、大きな出版のロマンがあふれている。ベテラン書店員の小出版社論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    日本の小出版社巡礼記(作品社
    五柳書院
    現代書館
    トランスビュー
    彩流社 ほか)
    本の目利きNOTE(「宝塚アカデミア」青弓社
    北村年子著『「ホームレス」襲撃事件 大阪・道頓堀川“弱者いじめ”の連鎖を断つ』太郎次郎社
    森浩一、門脇禎二編『渡来人 尾張・美濃と渡来人』大巧社
    佐高信著『高杉良の世界 小説が描く会社ドラマ』社会思想社
    小宮山量平著『やさしさの行くえ“受容の時代”によせて』週刊上田新聞社 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小島 清孝(コジマ キヨタカ)
    1947年両親の疎開先の山形県で生まれる。東京で幼年期を過ごし、國學院大學第二文学部史学科を卒業。1973年東京堂書店吉祥寺支店に入社。外商部三鷹営業所を経て、82年に神田本店勤務となり主に人文書を担当。1999年からは外商部に移り、最終的には取締役外商部長を務める。2006年没。書評や小出版社についての論考を多くのメディアに発表。著書に『書店員の小出版社ノート』(1997年7月初版発行、木犀社)がある。労働組合員として、著作物の再販制度を守る運動の理論面で書店の立場から協力し、個人としては、戦争の悲惨さを伝えるアウシュヴィッツ展を日本各地で開催し、アウシュヴィッツ平和博物館(福島県白河市)を設立することに協力するなど、多方面で活躍した

書店員の小出版社巡礼記 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:出版メディアパル ※出版地:市川
著者名:小島 清孝(著)
発行年月日:2007/11/09
ISBN-10:4902251906
ISBN-13:9784902251906
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:総記
ページ数:418ページ
縦:19cm

    地方・小出版流通センター 書店員の小出版社巡礼記 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!