自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 [単行本]
    • 自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002280844

自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済評論社
販売開始日:2015/02/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 321274位

自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自衛隊を海外派遣しないと決め60年。それがなぜ、いかにして拡大してきたのか。外務省の営みに着目し、多くの未公刊文書とインタビューに基づき、新たな全体像を描き出す。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 自衛隊、文民派遣問題の始まり
    第1章 選挙監視要員派遣への道―国連ナミビア独立支援グループ(UNTAG)参加問題と外務省(二つの前提条件―経済大国化と安全保障
    国内体制整備の模索 ほか)
    第2章 外務省の自衛隊「半文民化」構想―海部内閣と国連平和協力法案作成過程(前史―海部内閣と湾岸危機
    手探りの国連平和協力隊創設構想 ほか)
    第3章 文民警察官派遣政策の形成と展開―困難な安全確保(宮澤内閣の「世界平和秩序」構想
    文民警察官の登場―新たな課題 ほか)
    第4章 カンボジアからモザンビークへ―アフリカ部隊派遣の端緒(モザンビークという選択―ONUMOZ設置後の試行錯誤
    政府調査団派遣の波紋 ほか)
    第5章 「人道的な国際救援活動」の起源―ルワンダ難民救援活動参加問題と村山内閣(五五年体制崩壊後の国連平和維持活動―村山内閣への途
    「人道的な国政援助活動」の検討―「直接の下準備」としてのモザンビーク ほか)
    第6章 イラク人道復興支援活動の模索―「非戦闘地域」と外務省(小泉内閣の外交方針―国連と外務省の位置付け
    前史―小泉内閣とイラク戦争 ほか)
    終章 「実績積上げ」の実像
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    庄司 貴由(ショウジ タカユキ)
    1982年、千葉県市川市生まれ。2011年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。現在、二松學舎大学東アジア学術総合研究所助手。東京財団リサーチ・アシスタント

自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済評論社
著者名:庄司 貴由(著)
発行年月日:2015/02/19
ISBN-10:4818823708
ISBN-13:9784818823709
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
ページ数:308ページ
縦:22cm

    日本経済評論社 自衛隊海外派遣と日本外交―冷戦後における人的貢献の模索 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!