リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック]

販売休止中です

    • リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック]

    • ¥42913ポイント(3%還元)
100000009002292047

リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック]

価格:¥429(税込)
ポイント:13ポイント(3%還元)(¥13相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2001/01/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック] の 商品概要

  • 内容紹介

    ●主な登場人物/幹本要(バレーボール一筋の熱血少年。小柄な体格を技術と根性でカバー。山口県の私立青海高校バレー部員)、小沢俊彦(2年生。クールで赤い髪をしているが、胸の中には熱い物を秘めている。通称トシ)、沖田総一郎(2年生。センター。美貌が自慢で女子生徒に大モテ)、羽生透(2年生。バレーよりナンパの方が大事)、宮森一馬(要と共にバレー部に入部した1年生。188cmの長身だが、中学時代は補欠だった)、円博士(3年生。元セッター。要には「メガネ君」と呼ばれる)、金子正紀(3年生。前キャプテン。通称「オッサン」)、黒木貴志(青海高に転校してきた2年生。全国大会の常連校である東京の名門・西唱高校の名セッターとして活躍していたが、周囲と対立した事でバレーがイヤになり、現在はプレイしていない)、黒木康志(貴志の弟。青海高バレー部に入り、兄には遠く及ばないが、セッターとして一生懸命プレイしている)●あらすじ/9人制のママさんバレーチーム・八隅(やすみ)クラブの監督を任されている要。大会で3回戦まで進み、相手は元五輪代表のあやめ率いるチーム湯川だ。第1セットは落とした八隅クラブだが、相手のセッター・あやめのトスの際のクセをじっくり観察した要は、その見分け方を選手達に伝える。そこから一気に、八隅クラブの逆襲が始まった(第35話)●本巻の特徴/チーム湯川に逆転勝ちした八隅クラブは、勢いにのってそのまま見事優勝。要は爽やかな印象を残して、青海高バレー部へと戻る。だが、その青海高バレー部はピンチにおちいっていた。元々部員が7人しかいなかったのに、3年生だったオッサンと円が抜け5人になってしまい、試合すらできない状態になっていたのだ。なんとか新しい部員を見つけたい要は、校内球技大会のバスケットで、素晴らしいセンスを感じさせる男に出会う。彼は黒木貴志という東京からの転校生で、名門校でセッターをしていたが、周囲と対立しバレーを捨てていた。一方、貴志の弟・康志は、すんなりとバレー部に入部。チームメートにもすぐ溶け込み、セッターのポジションを獲得する。だが、どうしても貴志をバレーに引き戻したい要は、あの手この手で勧誘を続けるのだが…。

    図書館選書
    幹本要、バレーボール命、身長159cm。高校バレー界ナンバー1の藤原学園打倒を目指し青海高校に入学するも、そこは超弱小校で…革命は起きるか!?

    ▼第35話/弱点▼第36話/強い運▼第37

リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:田中 モトユキ(著)
発行年月日:2001/01
ISBN-10:4091260454
ISBN-13:9784091260451
判型:新書
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:183ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 リベロ革命 5(少年サンデーコミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!