リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック]

販売休止中です

    • リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック]

    • ¥42913ポイント(3%還元)
100000009002292049

リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック]

価格:¥429(税込)
ポイント:13ポイント(3%還元)(¥13相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日: 2001/07/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック] の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第60話/負けないように…▼第61話/これしかない▼第62話/ゲーム▼第63話/それぞれの仕事▼第64話/出番だ!▼第65話/エースVSリベロ▼第66話/ボクが…▼第67話/それぞれの夜▼第68話/セイカイ…?●主な登場人物/幹本要(山口県の私立青海高校バレー部員。小柄な体格を技術と根性でカバーする熱血少年)、小沢俊彦(2年生。クールで赤い髪をしているが、胸の中には熱い物を秘めている。通称トシ)、沖田総一郎(2年生。センター。新キャプテンに選ばれたのをきっかけに長髪を切って坊主頭に)、羽生透(2年生。ナンパに熱中していたが、最近はバレーにも熱心に取り組みだした)、宮森一馬(要と共にバレー部に入部した1年生。188cmの長身だが、中学時代は補欠だった)、黒木貴志(青海高に転校してきた2年生。以前は全国大会の常連校・西唱高校の名セッターだった。しばらくコートから遠ざかっていたが、要に影響され復活)、黒木康志(貴志の弟。兄と共に転校し、バレー部に入る。貴志には及ばないが、ツーセッターの一人として一生懸命プレイしている)●あらすじ/秋季新人大会3回戦。新崎高校を相手にする青海は各自が持ち味を発揮して、優勢に試合を進めていた。それを見ていたのが、隣のコートで先に敗れてしまった岩間工業の矢野。以前対戦した時はほとんど差がなかった青海のメンバーたちが、わずかの間に急激に成長しているのを見て、最近不調でくさり気味だった矢野は気持ちを引き締めなおす(第60話)。●本巻の特徴/新崎高校を一蹴した青海は、続く4回戦で河徳(こうとく)高校と対戦。地味なチームだが、セッター・小野と、190cmを超える大型エース・石井のコンビネーションが素晴らしく、試合は五分五分で進む。だがここで青海に異変が起きた。相手の高いブロックを見てコンビバレー中心でいくと決めた貴志が、エースのトシにトスを上げないのだ。トシはそのことに腹を立て、二人は試合中なのに険悪な雰囲気になってしまう。準決勝進出を目の前にしながら、青海は内紛のピンチ。要は、そして他のメンバーたちは、どうやってチームを立て直すのか!?

    図書館選書
    幹本要、バレーボール命、身長159cm。高校バレー界ナンバー1の藤原学園打倒を目指し青海高校に入学するも、そこは超弱小校で…革命は起きるか!?

リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:田中 モトユキ(著)
発行年月日:2001/07
ISBN-10:4091260489
ISBN-13:9784091260482
判型:新書
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:186ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 リベロ革命 8(少年サンデーコミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!