人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える [単行本]

販売休止中です

    • 人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える [単行本]

    • ¥6,600198ポイント(3%還元)
100000009002309302

人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える [単行本]

価格:¥6,600(税込)
ポイント:198ポイント(3%還元)(¥198相当)
日本全国配達料金無料
出版社:同成社
販売開始日:2015/02/28
ご確認事項:返品不可

人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人が学び、成長していく過程で、博物館にできることは何か。博物館と教育の関わりを軸に、研究の現状と未来を展望すべく、博物館学の最前線を担う21人の執筆陣が紡ぐ論文集。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 学芸員養成を考える(学芸員課程の運営
    博物館実習に関する課題と展望)
    第2章 博物館教育を考える(博物館における教育としての展示の必要性
    博物館と教育そして社会における役割―ジョージ・E・ハインの来日講演から ほか)
    第3章 博物館と博物館学の歴史をめぐって(兼常清佐の洋行記録にみる音楽博物館論―『音樂巡礼』を中心に
    東京女子高等師範学校附属小学校の児童博物館に関する再考察―作業教育の実践の場としての存在意義 ほか)
    第4章 博物館の運営(「西安市民営博物館評価規則」からみる私立博物館経営の一考察
    公立博物館をNPOが経営する成果と課題―指定管理者のNPO運営館を直営期と比較する ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    鷹野 光行(タカノ ミツユキ)
    1949年、東京都生まれ。1972年、東京大学文学部卒業。1979年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。1996年よりお茶の水女子大学教授

    青木 豊(アオキ ユタカ)
    1951年生まれ。現在、国学院大学文学部教授

    並木 美砂子(ナミキ ミサコ)
    1957年生まれ。現在、帝京科学大学生命環境学部教授
  • 出版社からのコメント

    わが国の博物館学進展に尽力してきた編者の退任を機に、研究の現状の総括と目指す所を追求すべく、第一線の実践者らが集い編んだ論集
  • 著者について

    鷹野 光行 (タカノ ミツユキ)
    お茶の水女子大学教授

人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える の商品スペック

商品仕様
出版社名:同成社
著者名:鷹野 光行(編)/青木 豊(編)/並木 美砂子(編)
発行年月日:2015/02/28
ISBN-10:4886216870
ISBN-13:9784886216878
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:379ページ
縦:21cm

    同成社 人間の発達と博物館学の課題―新時代の博物館経営と教育を考える [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!