昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本]
    • 昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002311869

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:草思社
販売開始日: 2015/03/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昔の老人はやばかった!七十過ぎても“婚活”!姥捨て山に捨てられても、みごと生還!極楽往生したくて、井戸にダイブ!『舌切り雀』『浦島太郎』『源氏物語』…などの昔話や古典文学に描かれた「老人像」を追い、「昔の老人の知られざる生態」に迫るユニークな本!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    昔の老人の人生―昔話と古典文学が伝える貧しさや孤独という「現実」
    昔話の老人は、なぜ働き者なのか―「爺は山で柴刈り、婆は川で洗濯」の背景
    昔話の老人は、なぜ「子がいない」のか―「わらしべ長者」のルーツを探る
    家族の中の老人の孤独―「姥捨て山」説話と「舌切り雀」の真実
    古典文学の中の「婚活じじい」と「零落ばばあ」―平安・鎌倉期の結婚事情
    昔話に隠された性―「浦島太郎」が竜宮城に行った本当の理由
    古典文学の老いらくの恋と性―『万葉集』から『東海道中膝栗毛』まで
    古典文学の中の「同性愛」の老人たち―爺と稚児、婆と美女の物語
    昔話は犯罪だらけ―老人たちの被害と加害
    自殺や自傷行為で「極楽往生」?―昔話の往生話と平安老人たちの「終活」
    老いは醜い―昔話の「姥皮」と大古典の老人観
    閉塞状況を打開する老人パワー―古典文学の名脇役たちと、棄老伝説
    「社会のお荷物」が力を発揮する時―昔話はなぜ老人が主役なのか
    昔話ではなぜ「良い爺」の隣に「悪い爺」がいるのか―老人の二面性と物語性
    昔話はなぜ語り継がれるのか―『源氏物語』の明石の入道・尼君夫妻が子孫に伝えたこと
    昔話と古典文学にみる「アンチエイジング」―若返りの目的はさまざま
    実在したイカす老人―成尋阿闍梨母、乙前、世阿弥、上田秋成、四世鶴屋南北、葛飾北斎、阿栄
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大塚 ひかり(オオツカ ヒカリ)
    1961年横浜市生まれ。古典エッセイスト。早稲田大学第一文学部日本史学専攻
  • 出版社からのコメント

    「昔話には、なぜ老人が多く登場するのか?」という素朴な疑問を出発点に、全国に残る6万話もの昔話から、古典文学までを徹底分析。昔の老人の知られざる生態が明らかに! 超高齢化社会の今、老齢世代も、これから老人になる人も、古典文学や昔話、民俗学、昔の日本人の歴史・暮らしに興味のある人も、必読。前著『本当はひどかった昔の日本』が話題をよんだ、古典エッセイストの著者が初挑戦した異色の老人論!!
  • 著者について

    大塚ひかり (オオツカヒカリ)
    横浜市生まれ。古典エッセイスト。早稲田大学第一文学部卒。個人全訳『源氏物語』全六巻、『源氏の男はみんなサイテー』『ブス論』『愛とまぐはひの古事記』(以上、ちくま文庫)、『快楽でよみとく古典文学』(小学館)、『本当はひどかった昔の日本』(新潮社)など著書多数。

昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:草思社
著者名:大塚 ひかり(著)
発行年月日:2015/03/23
ISBN-10:4794221177
ISBN-13:9784794221179
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:267ページ
縦:19cm
他の草思社の書籍を探す

    草思社 昔話はなぜ、お爺さんとお婆さんが主役なのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!