徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫]
    • 徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫]

    • ¥1,18836ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002317726

徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫]

価格:¥1,188(税込)
ポイント:36ポイント(3%還元)(¥36相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:角川書店
販売開始日:2015/03/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 89871位

徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本人にもっとも親しまれてきた随筆『徒然草』。人生・恋愛・政道・自然観・美意識・有職故実など、243段の話題がしばしば連想的な配列で並ぶ。無常観が流れ、尚古的な思想が著しいが、実益をもたらす技能を尊重するなど、中世の現実を見据えた視点もあわせ持っている。近年劇的に進んだこの時代の歴史学の研究成果を取り込み、歴史、文学の双方の領域にわたり基礎的事項から再考。本文、注釈、現代語訳のすべてを刷新した決定版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    兼好法師(ケンコウホウシ)
    鎌倉時代後期から南北朝時代中期にかけての人。和歌四天王の一人に数えられ、家集も残す

    小川 剛生(オガワ タケオ)
    1971年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒、同大学大学院文学研究科博士課程中退。熊本大学、国文学研究資料館を経て慶應義塾大学文学部准教授。博士(文学)
  • 出版社からのコメント

    六十年来の定説を覆す! 本文・注釈・現代語訳のすべてを刷新した決定版。
  • 内容紹介

    無常観のなかに中世の現実を見据えた視点をもつ兼好の名随筆集。歴史、文学の双方の領域にわたる該博な知識をそなえた著者が、本文、注釈、現代語訳のすべてを再検証。これからの新たな規準となる決定版。
  • 著者について

    兼好法師 (ケンコウホウシ)
    (1283頃-1352頃)鎌倉後期から南北朝時代の歌人・文人。

    小川 剛生 (オガワ タケオ)
    1971年東京生まれ。慶應義塾大学卒業、同大学院文学研究科博士課程中退。現在は慶應義塾大学准教授。博士(文学)。著書に『南北朝の宮廷誌―二条良基の仮名日記』(2003年臨川書店)、『二条良基研究』(2005年笠間書院 第28回角川源義賞受賞)、『武士はなぜ歌を詠むか』(角川叢書)、『正徹物語』(角川ソフィア文庫)など。

徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:兼好法師(著)/小川 剛生(訳注)
発行年月日:2015/03/25
ISBN-10:4044001189
ISBN-13:9784044001186
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:475ページ
縦:15cm

    角川書店 徒然草―現代語訳付き 新版 (角川ソフィア文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!