未来をひらく海洋温度差発電 [単行本]

販売休止中です

    • 未来をひらく海洋温度差発電 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009002321701

未来をひらく海洋温度差発電 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:サンマーク出版
販売開始日:2007/01/26
ご確認事項:返品不可

未来をひらく海洋温度差発電 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    これで人類は、生きのびられる。「海水から電力をつくる」―夢のような発電法とは?環境・食糧・水問題を一挙に解決する方法とは?絵と図で読みとく、あたらしいエネルギーのかたち。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    海洋温度差発電のしくみと歴史―エネルギーは海からのプレゼント
    海からはじまる新・産業革命
    海の水から、エネルギーがとれる!?
    エネルギーって、何だろう?
    人類の進化をささえるエネルギー
    この星でいま起きていること
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上原 春男(ウエハラ ハルオ)
    NPO法人OPOTEC(海洋温度差発電推進機構)理事長。全世界から注目を集める将来のエネルギー「海洋温度差発電」の世界的権威。工学博士。1940年、長崎県生まれ。1963年、山口大学文理学部理学科卒。九州大学生産科学研究所講師、佐賀大学理工学部助教授を経て、1985年、同学部教授。1996年に同学部長、2002年には佐賀大学学長に就任。退官後、2005年にNPO法人海洋温度差発電推進機構を設立。氏の三十年にわたる構想である「海洋温度差発電」は実用段階に入り、再生可能な夢のエネルギーとして各方面から注目の的となっている。また、伝熱工学や発電システムを研究中、科学技術の発達、企業の成長、人間の成功など、成長発展するものにはすべて共通する原理があることを発見し、独自の「成長の原理」を編み出す。その原理は、国の地域産業振興策、企業の製品開発などにつぎつぎに応用され、政治家やトップ財界人、経営者から絶大な信頼を集める

未来をひらく海洋温度差発電 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:サンマーク出版
著者名:上原 春男(著)
発行年月日:2007/02/01
ISBN-10:4763196723
ISBN-13:9784763196729
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:141ページ
縦:14cm
横:20cm

    サンマーク出版 未来をひらく海洋温度差発電 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!