白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック]
    • 白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥60719ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月19日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002324877

白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック]

  • 5.0
価格:¥607(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月19日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2015/04/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック] の 商品概要

  • 内容紹介

    閉じ込められた山奥の館での、哀しき事件!

    舞台は閉じ込められた山奥の館。
    “曰くつき”のオキナガ療養施設―――光明苑。

    オキナガの哀しき自殺。襲いかかる嵐。
    現れた、12年に一度の殺人「羊殺し」の重要人物。
    そして動く、あかりと魁と三角関係!?

    ―――――――――――――――――

    不老不死の謎めく種族「オキナガ」。
    全国に10万人ほど存在し、厚生労働省の管理下にある。
    88歳にして少年のような風貌のオキナガ・雪村 魁と、
    オキナガを管轄する厚労省“夜間衛生管理課”の新米公務員・伏木あかりの迷コンビ。

    とあることから魁と大喧嘩になってしまったあかりは、
    研修のため一週間長野の山奥にあるオキナガ療養施設・光明苑へ。
    そこは、生活に貧窮したり問題行動を起こしたりしたオキナガが
    収容される場所。
    中には、特に集団行動に適さないオキナガを収容する“隔離棟”も……

    魁が追い続ける連続殺人「羊殺し」に深く関係する、謎の眠れる美少年。
    光明苑を襲う嵐、閉じ込められるあかりと魁。
    これまであかりも知らなかった、オキナガの“本当の絶望”―――
    そしてあかりの大学時代の先輩も現れ、あかりと魁の関係も進展が…!?


    光明苑。魁の過去とも関係するここは、
    絶望が影をひそめる、オキナガ達の楽園。そこで一体何が―――

    過去・現在・そして”永遠の未来”が絡み合い生み出される謎。
    ゆうきまさみ極上ミステリー第5集!



    【編集担当からのおすすめ情報】
    【担当編集からのおすすめ情報】
    第5集の舞台は、東京を離れ長野県の山奥の館・光明苑。
    “訳アリ”のオキナガ達たちが暮らすそこでの研修、
    あかりはオキナガ達の生活、そして哀しみや絶望を知ることに…?

    謎の眠れる美少年、そして流浪のオキナガ・希梨香も登場。
    喧嘩真っ最中のあかりと魁に、更にあかりの大学時代の先輩も合流して
    なんだか三角関係の予感も…?!

    起きる事件は本格ミステリー、オキナガや纏わる人間達の
    哀しみや切なさも絶妙な筆致で描かれる反面、
    ゆうきまさみ氏のコメディ節も顕在!軽やかな掛け合い・人間関係の描き方も絶妙です。

    読みやすい、だけど、奥が深い。そんな極上のミステリー。
    昔ながらのファンの皆さま、そして新しい読者の皆様にも
    “ゆうきまさみワールド”を楽しんでいただける1冊となっております!

白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:ゆうき まさみ(著)
発行年月日:2015/04
ISBN-10:4091868797
ISBN-13:9784091868794
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:208ページ
他の小学館の書籍を探す

    小学館 白暮のクロニクル<5>(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!