政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 [単行本]
    • 政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002327408

政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:現代書館
販売開始日:2015/04/06
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 411851位

政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “過ぎ去った国”の「自由時間」が照らし出す社会の本質。冷戦下、一般大衆の希望と体制の思惑がせめぎあう歴史の一断面を浮き彫りにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 社会主義体制と余暇
    第1章 東ドイツ社会の変容と余暇の可能性
    第2章 東ドイツの余暇論
    第3章 余暇時間への対応
    第4章 消費と余暇
    第5章 休暇旅行と余暇
    結論 「波紋社会」と日常の政治
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    河合 信晴(カワイ ノブハル)
    1976年、静岡県浜北市(現、浜松市)生まれ。1999年、成蹊大学法学部政治学科卒業。2011年、ドイツ連邦共和国、ロストック大学哲学部歴史学研究所白士課程修了。Dr.Phil.(Zeitgeschichte):博士(現代史)。現在、慶應義塾大学通信教育部兼任講師、成蹊大学法学部非常勤講師、ほか非常勤講師。専攻はドイツ現代史(東ドイツ研究・政治社会史)

政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 の商品スペック

商品仕様
出版社名:現代書館
著者名:河合 信晴(著)
発行年月日:2015/03/25
ISBN-10:4768457606
ISBN-13:9784768457603
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:326ページ
縦:20cm

    現代書館 政治がつむぎだす日常―東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!