保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで [単行本]
    • 保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月7日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002331569

保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月7日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:平凡社
販売開始日:2015/04/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 463863位

保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近代保存修復学のパイオニア、チェーザレ・ブランデイの理論を軸に技法と思想をつなぎ直す。作品の価値とは何か、オリジナルとはいかなることか。現代美術にまで対象を広げ、芸術を語る新たな批評言語の創造へ向けた、気鋭の若手研究者/修復士による意欲作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「診断」
    第1章 洗浄の哲学―可逆性(「ここに、特定の「病気」は存在しない」
    古色再考 ほか)
    第2章 補彩の技法―判別可能性(「再び花開く」こと
    作者を騙る―贋作、複製、偽造 ほか)
    第3章 甦る芸術の生を求めて―適合性(素材のに調和へのまなざし
    副次的なものと保存修復 ほか)
    第4章 修復という「嘘/ファンタジー」―最小限の介入(介入倫理
    「不変」の創造は可能か ほか)
    第5章 欠落と証言のアーカイヴ―保存修復としてのドキュメンテーション(記憶し、救い出すこと
    ドキュメンテーション制度の起源 ほか)
    第6章 保存修復学再考―「修復は、一瞬の閃光ではない」(ブランディ『修復の理論』のアクチュアリティと応用可能性
    日本とイタリア修復額学の交差 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田口 かおり(タグチ カオリ)
    1981年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。フィレンツェ国際芸術大学絵画修復科修了。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。専門は保存修復史、修復理論。現在、日本学術振興会特別研究員。東京都市大学、甲南大学非常勤講師
  • 出版社からのコメント

    これまで乖離していた技法と思想をつなぎ直し、現代美術にまで射程を広げることで新たな芸術の批評言語をも創造せんとする意欲作!

保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで の商品スペック

商品仕様
出版社名:平凡社
著者名:田口 かおり(著)
発行年月日:2015/03/31
ISBN-10:4582206433
ISBN-13:9784582206432
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:333ページ
縦:22cm

    平凡社 保存修復の技法と思想―古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!