ヘイト・スピーチという危害 [単行本]
    • ヘイト・スピーチという危害 [単行本]

    • ¥4,400132ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002332723

ヘイト・スピーチという危害 [単行本]

価格:¥4,400(税込)
ポイント:132ポイント(3%還元)(¥132相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2015/04/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ヘイト・スピーチという危害 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ヘイト・スピーチは社会の何を壊すのか。自由と規制の相克に向き合い、日本と同じくヘイト・スピーチ規制のないアメリカの議論や判例を紹介。ヘイト・スピーチの定義、その問題点、法的規制の根拠、そしてヘイト・スピーチの「危害」を明らかにする。
  • 目次

    第一章 ヘイト・スピーチにアプローチする  
    第二章 アンソニー・ルイスの『敵対する思想の自由』 
    第三章 なぜヘイト・スピーチを集団に対する文書名誉毀損と呼ぶのか 
    第四章 憎悪の外見
    第五章 尊厳の保護か、不快感からの保護か
    第六章 C・エドウィン・ベイカーと自律の議論
    第七章 ロナルド・ドゥオーキンと正統性の議論 
    第八章 寛容と中傷 
    謝辞
    訳者解説
    原註
    索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ウォルドロン,ジェレミー(ウォルドロン,ジェレミー/Waldron,Jeremy)
    1953年生まれ。ニュージーランド出身の法学者。現在、ニューヨーク大学ロースクール教授。専門は憲法理論、法哲学、政治理論。ジョン・ロックの研究者であり、現代リベラリズムに属する理論家であると同時に、司法審査への反対論や対テロ戦争における人権侵害への批判でも知られる

    谷澤 正嗣(ヤザワ マサシ)
    1967年生まれ。現在、早稲田大学政治経済学術院准教授。専門は政治理論

    川岸 令和(カワギシ ノリカズ)
    1962年生まれ。現在、早稲田大学政治経済学術院教授。専門は憲法学
  • 出版社からのコメント

    ヘイト・スピーチとは何か。それは社会の何を壊すのか。ヘイト・スピーチがもたらす危害の内容を明らかにし、法的規制の議論に応答
  • 内容紹介

    ヘイト・スピーチとは何か。それは社会の何を壊すのか。ヘイト・スピーチが不快感をもたらすことは規制の根拠にはならない。それは人の「尊厳」を傷つけるから規制されるべきなのである。ヘイト・スピーチが攻撃するのは、社会の基盤そのものである。ではヘイト・スピーチ規制と、表現の自由はどう両立するか。日本と同じくヘイト・スピーチ規制のないアメリカの議論を紹介し、ヘイト・スピーチの定義、その問題点、法規制の根拠を、様々な角度から明らかにする。

ヘイト・スピーチという危害 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ジェレミー ウォルドロン(著)/谷澤 正嗣(訳)/川岸 令和(訳)
発行年月日:2015/04/10
ISBN-10:4622078732
ISBN-13:9784622078739
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:336ページ ※293,43P
縦:20cm
その他: 原書名: THE HARM IN HATE SPEECH〈Waldron,Jeremy〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ヘイト・スピーチという危害 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!