不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本]

販売休止中です

    • 不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本]

    • ¥5,500165ポイント(3%還元)
100000009002332724

不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本]

価格:¥5,500(税込)
ポイント:165ポイント(3%還元)(¥165相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2015/04/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私たちは、なぜ健康でなくてはならないのだろうか?今日、新たな規範やイデオロギーによって「健康」という言葉が示すものは変容しつつある。15篇を収録。多彩なトピック、多面的な視点からモラル化する「健康」を批判的に考察し、「健康」のあるべき姿を思索する。
  • 目次

    第1章 イントロダクション――なぜ健康に異議を唱えるのか?(ジョナサン・M・メッツル)
    第Ⅰ部 ところで、健康とは何なのだろう? 第2章 健康とは何なのだろう? そして、どうしたら健康になれるのだろう?(リチャード・クライン)第3章 肉体の肥大に伴う危険性――肥満、摂食、そして、「健康」の曖昧さをめぐって(ローレン・バーラント)/第4章 グローバル・ヘルスへの異議?――健康を通して、科学、非科学、そしてナンセンスを調停すること(ヴィンカンヌ・アダムス)
    第Ⅱ部 道徳から見た健康 第5章 遺伝子時代、健康をめぐっての社会的不道徳――人種、障害、不平等(ドロシー・ロバーツ)/第6章 肥満パニック、そして新しき道徳(キャスリーン・ルベスコ)/第7章 (ときには)おっぱいに育児に異議を唱える(ジョアン・B・ウルフ)
    第Ⅲ部 健康と疾患を造り出すこと 第8章 製薬業界のプロパガンダ(カール・エリオット)/第9章 受動‐攻撃性パーソナリテイ障害の奇妙にも受動‐攻撃的な歴史(クリストファー・レーン)/第10章 強迫性障害の氾濫――精神医療への異議(レナード・J・ディビス)/第11章 原子力への異常な愛情――あるいはいかにして原子力爆弾は死に関するアメリカ人の考え方を変えたのか(ジョセフ・マスコ)
    第Ⅳ部 健康になった後の快楽と苦痛 第12章 健康のためにはどれくらいセックスしなければならないのか?――無性愛という悦び(ユンジュン・キム)/第13章 備えよ――サバイバーシップは癌患者の義務なのか?(S・ロッホラン・ジェイン)/第14章 苦痛の名のもとに(トビン・シーバース)/第15章 結語――来たるべき健康とは?(アンナ・カークランド)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細澤 仁(ホソザワ ジン)
    1963年生まれ。精神科医。臨床心理士。1988年京都大学文学部卒、1995年神戸大学医学部卒。神戸大学大学院医学系研究科助手、兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授などを経て、現在、アイリス心理相談室、フェルマータ・メンタルクリニック

    大塚 紳一郎(オオツカ シンイチロウ)
    1980年生まれ。臨床心理士。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、菊川荒木内科心療内科、東洋大学附属姫路中学校・高等学校スクールカウンセラー、大塚心理療法プラクシス

    増尾 徳行(マスオ ノリユキ)
    1968年生まれ。臨床心理士。1993年京都大学法学部卒。2003年関西大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了。公益財団法人復光会垂水病院、神戸松蔭こころのケア・センターなどを経て、現在、兵庫県立光風病院、上本町心理臨床オフィス

    宮畑 麻衣(ミヤハタ マイ)
    1987年生まれ。臨床心理士。2011年大阪市立大学生活科学部卒。2013年大阪市立大学大学院生活科学研究科前期博士課程修了。現在、兵庫県立光風病院
  • 出版社からのコメント

    「健康」概念を構成するイデオロギーとは? 医療人類学、生命倫理学、フェミニズム研究など、多面的な視点で「健康」の虚像に迫る。
  • 内容紹介

    なぜ私たちは、健康でなくてはいけないのだろうか? メディアによって作られる美意識、公共広告によって喧伝される道徳――今日の「健康」という概念には、医学的問題を超えたイデオロギーが含まれている。本書は医療人類学、生命倫理学、文化人類学、フェミニズム研究、文献学、障害学、法学など、多様な立場の著者たちが多面的な切り口で「健康とは何か」を解き明かす挑戦的な一書である。

不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ジョナサン・M. メツル(編)/アンナ カークランド(編)/細澤 仁(共訳)/大塚 紳一郎(共訳)/増尾 徳行(共訳)/宮畑 麻衣(共訳)
発行年月日:2015/04/10
ISBN-10:4622078945
ISBN-13:9784622078944
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:284ページ ※250,34P
縦:22cm
その他: 原書名: AGAINST HEALTH:How Health Became the New Morality〈Metzl,Jonathan M.;Kirkland,Anna〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 不健康は悪なのか-健康をモラル化する世界 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!