文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) [新書]
    • 文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002334864

文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2015/04/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    気鋭の科学史家が知の世界を飛びまわる。科学の限界から歴史の本質まで。話題の連載が待望の新書化!私たちの「世界観」の成り立ちを探る知的冒険の書!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    子の巻 節目としての暦
    丑の巻 リスク社会の占い
    寅の巻 時代の節目としてのオリンピック
    卯の巻 プロフェシーとプロジェクト
    辰の巻 科学と宗教の間
    巳の巻 やっぱり予知はできないのか?
    午の巻 科学をどうマネジメントするか
    未の巻 関東大震災は予知できたのか
    申の巻 芸術は文明を先駆ける
    酉の巻 科学を推進するエンジン
    戌の巻 歴史とは何だ?
    亥の巻 世界を支配する「べき乗則」
    陰の巻 時代と身体
    陽の巻 時代とは何なのか
  • 出版社からのコメント

    今、時代が音を立てて変わっていく……それは本当に本当か? 気鋭の科学史家が、私たちの「世界観」の成り立ちを探る知的冒険の書!
  • 内容紹介

    いつの時代も、変化している。私たちはいつも、今は大変な時代だと思っている。では、人類史という長い目で見たら、今はどういう時代なのか。私たちが体験しているこの変化は、たとえば中世から近代への移行に相当するような大きなものなのか。それともよくある変化にすぎないのか。どうやったらそのことを知ることができるのか。気鋭の科学史家が、科学から歴史まで、文理の垣根を越えて飛びまわる愉快な知的冒険の書!


    いつの時代も、変化している。
    私たちはいつも、今は大変な時代だと思っている。

    では、人類史という長い目で見たら、今はどういう時代なのか?
    私たちは、たとえば中世から近代への移行に相当するような大変化の時代を生きているのか?
    それとも、この変化は、ありふれた変化にすぎないのか?
    いったい、どうしたらその答えを知ることができるのか?

    さまざまな暦、占いといったちょっとアヤシイ領域から、科学的方法論の限界、私たちの時代認識の本質まで、文明探偵が縦横無尽に駆けめぐる愉快な知的冒険の書!


    【目 次】

    子の巻 節目としての暦
    丑の巻 リスク社会の占い
    寅の巻 時代の節目としてのオリンピック
    卯の巻 プロフェシーとプロジェクト
    辰の巻 科学と宗教の間
    巳の巻 やっぱり予知はできないのか?
    午の巻 科学をどうマネジメントするか
    未の巻 関東大震災は予知できたのか
    申の巻 芸術は文明を先駆ける
    酉の巻 科学を推進するエンジン
    戌の巻 歴史とは何だ?
    亥の巻 世界を支配する「べき乗則」
    陰の巻 時代と身体
    陽の巻 時代とは何なのか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    神里 達博(カミサト タツヒロ)
    1967年生まれ。東京大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。科学技術庁、三菱化学生命科学研究所、東京大学工学系研究科などを経て、大阪大学特任准教授・朝日新聞客員論説委員。博士(工学)。専門は科学史、科学技術社会論
  • 著者について

    神里 達博 (カミサト タツヒロ)
    1967年(丁未)生まれ。東京大学工学部卒。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。科学技術庁、三菱化学生命科学研究所、東京大学工学系研究科などを経て、現在、大阪大学特任准教授・朝日新聞客員論説委員。博士(工学)。専門は科学史、科学技術社会論。著書に『食品リスク』(弘文堂)、共著に『没落する文明』(集英社新書)などがある。

文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:神里 達博(著)
発行年月日:2015/04/20
ISBN-10:4062883120
ISBN-13:9784062883122
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:18cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 文明探偵の冒険-今は時代の節目なのか(講談社現代新書 2312) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!