固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]
    • 固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002335204

固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]

藤原 毅夫(著・監修)藤森 淳(監修)勝藤 拓郎(監修)
価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:内田老鶴圃
販売開始日:2015/04/30
ご確認事項:返品不可

固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 結晶の対称性と電子の状態
    2 電子ガスとフェルミ液体
    3 密度汎関数理論とその展開
    4 1電子バンド構造を決定するための種々の方法
    5 金属の電子構造
    6 正四面体配位半導体の電子構造
    7 電子バンドのベリー位相と電気分極
    8 第一原理分子動力学法
    9 密度汎関数理論を超えて
    付録(第一原理電子構造計算における数値計算の諸問題
    第一原理分子動力学法における数値計算の諸問題
    第一原理電子構造計算プログラム・パッケージ)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤原 毅夫(フジワラ タケオ)
    1944年生まれ。1967年東京大学工学部物理工学科卒業。2007年東京大学大学院工学系研究科を定年退職。2007年より東京大学大学総合教育研究センター。東京大学名誉教授。工学博士

固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:内田老鶴圃
著者名:藤原 毅夫(著・監修)/藤森 淳(監修)/勝藤 拓郎(監修)
発行年月日:2015/04/20
ISBN-10:4753623025
ISBN-13:9784753623020
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
ページ数:233ページ
縦:21cm

    内田老鶴圃 固体電子構造論―密度汎関数理論から電子相関まで(物質・材料テキストシリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!