科学の危機(集英社新書 782C) [新書]
    • 科学の危機(集英社新書 782C) [新書]

    • ¥82025ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月24日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002335592

科学の危機(集英社新書 782C) [新書]

価格:¥820(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月24日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2015/04/17
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 143191位

科学の危機(集英社新書 782C) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    かつて毒ガス兵器の開発者がノーベル賞を受賞した。その後も科学の軍事利用は止まるところを知らず、原子力、遺伝子ビジネスなど、研究はさらに未知の領域へと踏み込んでいく。本書は科学史と思想史を手がかりに、“科学の古典的規範”がいかに崩壊したかを明らかにする。さらに、専門家ではない人々が、科学の暴走に歯止めをかけるために必要な“感覚”について論じる。危機に瀕する科学に対し、どこに問題の本質があるのか核心を突く画期的論考。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 科学の自覚(科学研究のスタイルの“起源”
    職業人としての科学者の誕生―一九世紀前半 ほか)
    第2章 科学の変質(CUDOS
    “科学の古典的規範”とCUDOSの差異 ほか)
    第3章 ある科学者の肖像(逡巡と上昇気流
    空中窒素の固定 ほか)
    第4章 科学批判の諸相(民主主義科学者協会
    国民的科学 ほか)
    第5章 科学の文化的批判に向けて(“公共性”からの脱落
    オルタナティヴな社会構想と科学 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金森 修(カナモリ オサム)
    1954年札幌生まれ。東京大学大学院教育学研究科教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。博士(哲学・パリ第一大学)。専門はフランス哲学、科学思想史、生命倫理学。『サイエンス・ウォーズ』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞受賞
  • 内容紹介

    職業人としての科学者が誕生した19世紀前半以降の科学史をひも解くことで、科学がいかに変質し、その中で研究者の規範がどう変化したかを解明。〈科学批判〉を通して、暴走する科学へ警鐘を鳴らす。

科学の危機(集英社新書 782C) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:金森 修(著)
発行年月日:2015/04/22
ISBN-10:408720782X
ISBN-13:9784087207828
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:238ページ
縦:18cm

    集英社 科学の危機(集英社新書 782C) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!