地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) [単行本]
    • 地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) [単行本]

    • ¥1,738105ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002337834

地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) [単行本]

価格:¥1,738(税込)
ポイント:105ポイント(6%還元)(¥105相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:技術評論社
販売開始日: 2015/04/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ヒトが生きていく上で欠かせないもの、それが微生物。肉眼では見えない小さな生き物が、地球という大きなものに多大なる影響を与えている。微生物と地球の関係とは?それがヒトの生活にどう関わっているのか?そういう関係を追求するのが「生物地球化学」。「生物地球化学」を通じて、微生物を介した地球とヒトの相互作用を見てみよう。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 微生物とは何か
    第2章 シトクロム
    第3章 自然界における窒素の循環と細菌たち
    第4章 自然界における硫黄の循環と細菌たち
    第5章 細菌による鉄の酸化と還元
    第6章 炭素の循環と微生物
    第7章 地球のマグマ活動と古細菌
    第8章 生命の起源当時の生物は何を食べていたか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山中 健生(ヤマナカ タテオ)
    1932年高知県に生まれる。県立高知丸の内高等学校から大阪大学理学部に入学、化学生物学コース(生物学科)卒、同大学院で生物化学専攻、理学博士。1960年大阪大学理学部助手、同助教授。1982年東京工業大学理学部教授、1991年同生命理工学部教授。1993年同大学を停年退官、同名誉教授。1993年~2002年日本大学理工学部教授。2002年~2012年高知工科大学客員教授。1964年~1966年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員

地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:山中 健生(著)
発行年月日:2015/05/20
ISBN-10:477417310X
ISBN-13:9784774173108
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
ページ数:271ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 地球とヒトと微生物―身近で知らない驚きの関係(知りたい!サイエンス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!