定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック [全集叢書]
    • 定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック [全集叢書]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002340840

定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック [全集叢書]

荒巻 義雄(著)巽 孝之(編集委員)三浦 祐嗣(編集委員)
価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:彩流社
販売開始日:2015/04/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 709928位

定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    SF作家でありながら探偵小説家でもあり、建築家でもある荒巻義雄の脳内のめくるめく幻想世界が開花した連作。画家エッシャーの創りだした超建築の街「カストロバルバ」…。「物見の塔」「無窮の滝」「版画画廊」「球形住宅」で起こった不可解な連続殺人事件の謎に、“夢探偵”万治陀羅男が迫る!同じく建築的夢想世界が展開される『ゴシック』、単行本未収録の「プラトン通りの泥水浴」も併録!
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    カストロバルバ(物見の塔の殺人;無窮の滝の殺人;版画画廊の殺人;球形住宅の殺人);ゴシック(ファルシティ;フェミシティ;鬼門大金神;ハンガーとコルセット;扉と蝶番;プラトン通りの泥水浴);幻想の種袋
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荒巻 義雄(アラマキ ヨシオ)
    1933年、小樽生まれ。早稲田大学第一文学部、北海学園大学短期大学部土木科卒業。家業を継ぐために帰郷したのち、1965年に北海道SFクラブの同人誌『CORE』創刊時より参加。1970年、独自のSF論「術の小説論―私のハインライン論」を引っさげた硬派の評論家として、また日本SF第一世代では筒井康隆、山野浩一と並ぶ思弁小説(スペキュラティヴ・フィクション)、転じてはメタSFの書き手として『SFマガジン』に華麗なデビューを飾り、J・G・バラード、フィリップ・K・ディックらが展開していた欧米の先端的ニューウェーヴSFと共振する傑作群を次々と書き上げた

    巽 孝之(タツミ タカユキ)
    1955年、東京生まれ。アメリカ文学者、SF評論家。日本SF作家クラブ会員。現在、慶應義塾大学文学部教授。コーネル大学大学院修了(Ph.D,1987)。主著に『サイバーパンク・アメリカ』(勁草書房、1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞)、Full Metal Apache(Durham:Duke UP、2006、2010年度IAFA“国際幻想芸術学会”学術部門賞)ほか。編著に『日本SF論争史』(勁草書房、2000年、第21回日本SF大賞)、編訳書にダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル/水声社、1991年/2001年、第2回日本翻訳大賞思想部門賞)ほか多数

    三浦 祐嗣(ミウラ ユウジ)
    1953年、札幌生まれ。SF研究家。北海道大学工学部卒業。1976年に北海道新聞社に入社し、編集委員、文化部長などを務め、2013年2月に退職。イスカーチェリSFクラブ元会長。第12回日本SF大会「EZOCON」実行委員長。短編「軌道交差」で第1回SFファンジン大賞(創作部門)を受賞。全日本中高年SFターミナル同人。2014年に北海道立文学館で開催された「荒巻義雄の世界」展実行委員を務めた
  • 出版社からのコメント

    しかし今や、現実も夢界も、そのベクトルが等価的であるからして円環的迷路から創造的夢世界に向い…荒巻義雄メタSF全集7巻!
  • 内容紹介

    初期の思弁小説の世界を全7巻の全集にて刊行中! 
    ※ 本全集は、アメリカのハーバード大学からも全巻購買予約も入っている価値のあるものです!
    「荒巻義雄はエッシャー宇宙を独り天翔ける永遠のアストロ
    ノート」森優(南山宏)氏(超常現象作家・研究家・翻訳家)推薦!(帯文)
    SF作家でありながら探偵小説家でもあり、建築家でもある荒巻義雄
    の脳内のめくるめく幻想世界が開花した連作。
    画家エッシャーの創りだした超建築の街「カストロバルバ」……。
    「物見の塔」「無窮の滝」「版画画廊」「球形住宅」で起こった不可解
    な連続殺人事件の謎に、“夢探偵”万治陀羅男が迫る!
    解説は、笠井潔氏( 作家) と磯達雄氏(建築家) !
    ※ 併録されるのは、私家版でしか入手不可能で、
      同じく建築的夢想世界が展開される『ゴシック』!

    【第6 回配本について】
     『カストロバルバ』は、同タイトルで1983 年に
    単行本として刊行され、その3年後に『エッシャー
    宇宙の殺人』と改題されて中公文庫となった作品
    です。今回の全集収録にあたっては、当初の
    タイトルに戻しました。
     建築家でもありながら、絵画に通暁している
    荒巻義雄ならではの世界が展開されています。
     「月報」には、荒巻義雄、そして独特なSF
    世界を紡ぎ出すイラストレーターYOUCHAN 氏
    が登場します!

    【全7巻構成、配本順、刊行予定年月】
     ●第1巻「柔らかい時計」(第7回配本)
         (2015 年5月)
    ●第2巻「宇宙25 時」(第4回配本)
         (2015 年2月)
    ●第3巻「白き日旅立てば不死」
         (第1回配本)(既刊)
    ●第4巻「聖シュテファン寺院の鐘の音は」
         (第2回配本)(既刊)
    ●第5巻「時の葦舟」(第3回配本)(2015 年1月)
    ●第6巻「神聖代」(第5回配本)(2015 年3月)
    ●第7巻「カストロバルバ/ゴシック」
         (第6 回配本)(2015 年4月)
  • 著者について

    荒巻 義雄 (アラマキ ヨシオ)
    荒巻 義雄
    1933年小樽市生まれ。早稲田大学で心理学、北海学大学で土木・建築学を修める。日本SFの第一世代の主力作家の一人。 戦争シュミレーション小説『旭日の艦隊』『紺碧の艦隊』シリーズは空前のベストセラーに。現在も札幌で作家活動を意欲的に続けている。

    巽 孝之 (タツミ タカユキ)
    巽 孝之
    慶應義塾大学教授。 SF評論家。荒巻作品に文学理論上の多大な影響を与える。

    三浦 祐嗣 (ミウラ ユウジ)
    三浦 祐嗣
    SF研究家、元北海道新聞文化部長。イスカーチェリSFクラブ元会長。 「荒巻義雄の世界」展実行委員。

定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック の商品スペック

商品仕様
出版社名:彩流社
著者名:荒巻 義雄(著)/巽 孝之(編集委員)/三浦 祐嗣(編集委員)
発行年月日:2015/04/25
ISBN-10:477912106X
ISBN-13:9784779121067
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:501ページ ※494,7P
縦:20cm

    彩流社 定本荒巻義雄メタSF全集〈第7巻〉カストロバルバ/ゴシック [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!