京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) [単行本]
    • 京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) [単行本]

    • ¥1,37542ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002346276

京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) [単行本]

価格:¥1,375(税込)
ポイント:42ポイント(3%還元)(¥42相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ネコ・パブリッシング
販売開始日:2015/05/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 227348位

京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 冷房装置取付けと車輌更新(通勤冷房車の登場
    冷房装置
    車体
    台車および主要機器)
    2 更新以降の変化(OK‐18台車に車軸ダンパ取付け
    水害被災
    戸閉保安装置の取付け
    配置と編成替
    遮光フィルムの取付け
    床下冷房機ダクトへの網目カバー取付け)
    3 第二世代高性能車登場
    4 2000形への代替による廃車
    5 冷房車時代の600形運用(季節ダイヤと愛称列車
    12輌編成運転とスピードアップ
    通勤快特の運転開始
    定期運用からの撤退)
    6 高松琴平電気鉄道への譲渡
  • 内容紹介

    昭和20年代後半から昭和30年代初頭にかけて、大手私鉄ではカルダン駆動に軽量車体といった新機軸を採り入れた、いわゆる「高性能車」が相次いで誕生しました。そんな中、京浜急行電鉄初の高性能車として1956(昭和31)年に誕生したのが初代700形、後の二代目600形です。
    車体は2扉、車内はセミクロスシート配置で、通勤・行楽の両方に適した車輌であり、特急列車を中心に活躍しました。その後、時代の変化に合わせ冷房装置も取り付けられ、1982(昭和57)年に後継車輌である2000形が登場するまで、京急唯一のセミクロスシート車として長く活躍しました。
    本書はこの初代700形について、その登場から1986(昭和61)年の引退までの活躍をまとめるものです。下巻では昭和40年代中ごろ以降、冷房改造をはじめ装備の改造から2000形に置き換えられて廃車されるまで、その変遷と活躍を紹介します。

京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:ネコ・パブリッシング
著者名:佐藤 良介(著)
発行年月日:2015/05/01
ISBN-10:4777053806
ISBN-13:9784777053803
判型:B5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:交通・通信
言語:日本語
ページ数:43ページ
縦:26cm

    ネコ・パブリッシング 京急初代700形〈下〉(RM LIBRARY〈189〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!