小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか [単行本]

販売休止中です

    • 小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009002359609

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:学研パブリッシング
販売開始日: 2015/05/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「帝国陸軍最後の軍人」が守り通した秘密
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 スパイ・アカデミー―陸軍中野学校
    第1章 英雄の軌跡
    第2章 見えざる戦争
    第3章 疑惑のセレモニー
    第4章 フィリピンの金塊と『GOLD WARRIORS』
    第5章 “金塊”はフィリピンに眠っている
    第6章 運命のゴールド・コイン―マル福金貨
    終章 29年間の真実
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    斎藤 充功(サイトウ ミチノリ)
    1941年東京都生まれ。ノンフィクション作家。東北大学工学部中退
  • 出版社からのコメント

    第2次世界大戦終結から29年目にフィリピンのルバング島から帰還した小野田寛郎は日本軍の極秘任務を帯びた情報将校だった。
  • 内容紹介

    第2次世界大戦終結から29年目にフィリピンのルバング島から帰還した小野田寛郎は日本軍の極秘任務を帯びた情報将校だった。陸軍中野学校の関係者が語る小野田寛郎の実像と何か。鍵となるフィリピンに隠された金塊の謎に、未公開資料をもとに鋭く迫る。

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:学研パブリッシング
著者名:斎藤 充功(著)
発行年月日:2015/06/09
ISBN-10:4054062725
ISBN-13:9784054062726
判型:B6
発売社名:学研マーケティング
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:295ページ
縦:20cm
横:14cm
他の学研パブリッシングの書籍を探す

    学研パブリッシング 小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!