原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫]
    • 原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002377098

原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2015/07/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    戦争中の日本人はなんであったかを、もう一度再現してみようと構想してみた―。本書は、米・独・日の核兵器開発競争から、刻々と追いつめられる日本の状況、そして原爆が投下された「その日」までを、膨大な資料と取材によって立体的に再現したもの。原爆の悲惨さのみならず、「戦争」とは何かを根源的に問い、時代を越えて読みつがれる名著である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 競争(出発―一九四一年;前進―一九四二年;展開―一九四三年 ほか)
    第2部 混乱(寒さと空腹―一九四五年一月;天皇と重臣―一九四五年二月;B29と焦土―一九四五年三月 ほか)
    第3部 その日(午前八時―一九四五年八月六日;閃光と暗黒―一九四五年八月六日;爆心地―一九四五年八月六日 ほか)
    エピローグ(死者の列)
  • 内容紹介

    原爆はなぜ落とされたのか、そしてそれが今日問いかけるものとは……。日米独それぞれの視点を交えた迫真のドキュメントの決定版。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    半藤 一利(ハンドウ カズトシ)
    作家、歴史探偵を自称。1930年、東京生まれ。1953年、東京大学卒業。同年、(株)文藝春秋に入社。『週刊文春』『文藝春秋』各編集長、出版局長、専務取締役などを経て、文筆業に入る。著書に『漱石先生ぞな、もし』(新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『昭和史1926‐1945』(毎日出版文化賞)などがある

    湯川 豊(ユカワ ユタカ)
    文芸評論家、エッセイスト。1938年、新潟市生まれ。1964年、慶應義塾大学文学部卒業、同年、(株)文藝春秋に入社。『文學界』編集長、同社取締役などを経て、東海大学教授、京都造形芸術大学教授を歴任
  • 著者について

    半藤一利 (ハンドウカズトシ)
    作家

    湯川豊 (ユカワユタカ)
    評論家

原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:半藤 一利(著)/湯川 豊(著)
発行年月日:2015/07/17
ISBN-10:4569763693
ISBN-13:9784569763699
判型:文庫
発売社名:PHP研究所
対象:一般
発行形態:文庫
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:669ページ
縦:15cm
その他:『原爆が落とされた日』増補・改題書
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 原爆の落ちた日"決定版"(PHP文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!