徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書]
    • 徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書]

    • ¥3,24098ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002377652

徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書]

価格:¥3,240(税込)
ポイント:98ポイント(3%還元)(¥98相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:あっぷる出版社
販売開始日:2015/07/06
ご確認事項:返品不可

徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明治の自由民権から平民主義へ、さらに昭和の国家膨張主義へと言論活動を変えていった徳富蘇峰の足跡をたどり、蘇峰が果たした政治的役割を考える。
  • 目次

    はじめに
    第一章 自由民権から平民主義へ
    第一節 「官民の調和を論ず」
       第二節 『政治家の資格』
    第三節 『自由、道徳、及儒教主義』
    第二章 平民主義の思想
        第一節 『新日本之青年』
         (一)厳しい現実と明るい展望
         (二)時勢観の変遷
         (三)西洋文明の理解
         (四)自然科学的方法への関心の消去
         (五)蘇峰の精神主義
         (六)青年論と世代論
        第二節 『将来之日本』
         (一)激しい慷慨
         (二)国際社会の発展動向
         (三)社会の歴史的発展動向
         (四)政治的思考の弱さ
         (五)転向後の思想的要素の存在
         (六)明治維新観
     第三章 平民主義から国家膨張主義へ
        第一節 『吉田松陰』
        第二節 『大日本膨張論』
    第四章 大日本帝国イデオロギーの構造
       第一節 『時務一家言』
         (一)執筆の由来
         (二)慷慨の変化
         (三)帝国主義と社会主義
         (四)満蒙経路
        第二節 『時務一家言』つづき
         (五)「貧国強兵」
         (六)政府形態の見通しの欠如
         (七)「白閥打破」
    あとがき
    付 「内村鑑三と国民道徳の観念」――『内村鑑三全集』 第3巻月報より
  • 出版社からのコメント

    明治の自由民権から平民主義、さらに昭和の国家膨張主義へと言論活動を変えていった徳富蘇峰の政治的役割を考える。
  • 著者について

    植手通有 (ウエテミチアリ)
    植手通有
    1931年生まれ。東京大学文科Ⅰ類卒業。丸山眞男に師事し日本政治思想史を学ぶ。修士論文は「徳富蘇峰論」、博士論文は「陸羯南論」。1971年成蹊大学法学部政治学科教授。1995年成蹊大学を退職。著書に、『日本近代思想の形成』(岩波書店)、『武蔵野市百年史記述編Ⅰ』武蔵野市)。ほかに、「明治啓蒙思想の形成とその脆弱性」(『日本の名著34 西周・加藤弘之』中央公論社)、「対外観の展開」(橋川文三・松本三之助『近代日本思想史大系第3巻近代日本政治思想史』有斐閣)、「解題」(植手通有編『明治文学全集34徳富蘇峰集』筑摩書房)、「平民主義と国民主義」(『岩波講座日本歴史16近代3』岩波書店)、『明治草創=啓蒙と氾濫』(社会評論社)、『日本思想体系55渡辺崋山・高野長英・佐久間象山・横井小楠・橋本左内』『丸山眞男回顧談』(岩波書店)などがある。2011年7月逝去。

徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:あっぷる出版社
著者名:植手 通有(著)
発行年月日:2015/06/30
ISBN-10:4871773310
ISBN-13:9784871773317
判型:B5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:22cm

    あっぷる出版社 徳富蘇峰論(植手通有集〈2〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!