日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書]
    • 日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002378741

日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書]

  • 3.0
価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月30日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2015/07/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本とドイツは、物づくり大国・貿易立国として、ともに戦後めざましい復興を遂げた。だが戦後七〇年経った今、日独間には大きな違いが生じている。ドイツは高い競争力を背景にEUを牽引し、欧州のリーダーとなった。一方、日本は競争力を失い、貿易赤字が拡大、周辺国との関係も悪化して、原発事故以降のエネルギー政策も迷走状態にある。本書では、在ドイツ二五年のジャーナリストの視点で、両国の歴史認識・経済・エネルギー政策などを論考。ドイツの戦後の歩みを知ることで日本が今後重視すべき問題を浮き彫りにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 イスラム過激派の脅威とドイツ
    第2章 ドイツ人はどのように過去と対決しているのか
    第3章 歴史リスクを重視するドイツ、軽視する日本
    第4章 ドイツ経済の奇跡
    第5章 日独エネルギー政策の違い
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    熊谷 徹(クマガイ トオル)
    1959年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、NHKに入局。90年からはフリージャーナリストとしてドイツ・ミュンヘン市に在住。『ドイツは過去とどう向き合ってきたか』(高文研)で2007年度平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞
  • 内容紹介

    在ドイツ25年の著者ならではの視点で、歴史認識・経済・エネルギー政策などをテーマに日独について論考。ドイツの戦後の歩みを知ることで、日本が今後重視するべき問題を浮き彫りにする1冊。

日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:熊谷 徹(著)
発行年月日:2015/07/22
ISBN-10:4087207935
ISBN-13:9784087207934
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:18cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 日本とドイツ ふたつの「戦後」(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!