浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック]

販売休止中です

    • 浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
100000009002386101

浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
日本全国配達料金無料
出版社:小学館
販売開始日:1990/01/01
ご確認事項:返品不可

浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック] の 商品概要

  • 内容紹介

    激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

    ▼第1話/さつき女▼第2話/優しい風▼第3話/初夏の人▼第4話/穏やかな日々▼第5話/日々是幸日▼第6話/すいません▼第7話/風のせい▼第8話/その気にさせて▼第9話/てっぽうだま ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/伊賀に伝わる男女交合の秘伝とやらを修得するため、一生懸命になる奉行、三九、浮浪雲の三人。一方、天下に通じると言われる、玉宮を持った女を探す野心家の満月屋。その玉宮の持ち主であるらしい女に誘われている浮浪雲だが……(第1話)。▼七年ぶりに島から戻った伊之介。伊之介を出迎えた周囲の人間は、昔とはだいぶ変わっていたが、片腕を伊之介に切り落とされた熊八という極道者の男は? なにやらひと波乱ありそうなのだが……(第2話)。▼親のいないお琴という少女は、落ち込んでいる時に雲から、ひとりでも立派に生きていけると励まされる。自分は自分が育てるものだという雲の言葉を信じ、元気を取り戻していくお琴。そんなある日、夜道を行かなくてはならなくなったお琴は、雲の言葉を思いだす(第3話)。

    図書館選書
    舞台は幕末の品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲。子供の教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、人生の名人浮浪雲がサラリとヒントを与えてくれる。悩める現代人必読の名作ドラマ

浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:ジョージ秋山(著)
発行年月日:1990/01
ISBN-10:4091821022
ISBN-13:9784091821027
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:226ページ

    小学館 浮浪雲 42(ビッグコミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!