戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) [全集叢書]
    • 戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) [全集叢書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月15日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002387012

戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) [全集叢書]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月15日日曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2015/07/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 105992位

戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか―世界史と日本史を融合させた視点から、日本と国際社会の「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露戦争、第一次世界大戦の勝利によって、世界の五大国となった日本。しかし、国際社会に生じた新たな潮流を読み違え、敗戦国へと転落していく。日本人の歴史認識を書き換える、タブーなき現代史。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 束縛された戦後史(村山談話の帰結
    歴史学を再考する
    戦後史を解放する)
    第1章 戦後史の源流(戦後史への視座
    平和主義の源流
    国際秩序の破壊者として)
    第2章 破壊される平和(錦州から真珠湾へ
    第二次世界大戦の諸相
    戦争の終幕)
    終章 国際主義の回復は可能か
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    細谷 雄一(ホソヤ ユウイチ)
    1971年、千葉県生まれ。慶應義塾大学法学部教授。立教大学法学部卒業。英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了。博士(法学)。北海道大学専任講師などを経て、現職
  • 出版社からのコメント

    なぜ日本の「正義」は世界に通じないか――国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。五大国から転落するまでの三十年。
  • 内容紹介

    右でも左でもない「史実」をつかむ必読書。なぜ今も昔も日本の「正義」は世界で通用しないのか――国際社会との「ずれ」の根源に迫る歴史シリーズ第一弾。日露、第一次大戦の勝利によって、世界の列強の仲間入りを果たした日本。しかし、戦間期に生じた新しい潮流を見誤り、五大国から転落していく。その三〇年の軌跡を描き、日本人の認識構造の欠陥を読みとく。

戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:細谷 雄一(著)
発行年月日:2015/07/25
ISBN-10:4106037742
ISBN-13:9784106037740
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:314ページ
縦:20cm

    新潮社 戦後史の解放〈1〉歴史認識とは何か―日露戦争からアジア太平洋戦争まで(新潮選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!