つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本]
    • つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月22日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002389401

つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月22日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ポプラ社
販売開始日:2015/09/24
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 107686位

つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストでグランプリを獲得!盛岡の地ビール「ベアレン」の歩みと仕事術。
  • 目次

    第1章 
    32歳男ふたり、会社を辞めてビール会社を立ち上げる

    決断──プロローグ
    凍りついた一家団欒
    酒との出会い
    たった2日で終わった就職活動
    有限会社ベアレン醸造所の誕生
    海苔のちぎり方で年下の先輩に叱られる
    海を越えてドイツの工場がやってきた
    ドイツで見えた進むべき道
    ニモクビール会
    ついに工場が完成
    ベアレンビール第一号
    「地ビールはおいしくないもの」
    イヴォ・オデンタールのこと
    立ちはだかるライバルの存在
    ツカサのカタキをとってやる
    父の日ギフトが売れる

    第2章
    絶頂からどん底へ、ベアレンが変わった日

    思わぬ事故
    押し寄せる報道陣
    陽一くんとのお別れ
    父が安全顧問に
    再建に向けて
    ビール造り再開の壁
    記者会見

    第3章
    経営理念、ブランドビジョン、ルールをゼロから作る

    家族も一緒に
    まず、私たちが取り組んだこと
    社内の一体感作り
    直営レストランをオープンする
    ルールがなぜ必要だったか
    「ルール」から「ブランドガイドライン」へ

    第4章
    東日本大震災、ビールは無力ではなかった

    私が沿岸に行くはずだった
    こんな時にビールを売っていていいのか
    人は必要なものだけでは生きていけない
    岩手県内全市町村でイベントを開催

    5章 
    「場」を作り出し、まちを幸せに

    最初はまったく売れなかった
    〈よ市〉ジョッキ倶楽部の成功
    停滞期からの逆L字回復
    ビールがつなぐ人と人
    世界一のビール祭りにあこがれて
    工場での結婚式
    子どもにも楽しんでほしい

    第6章
    「好き」の共感作り、オンリーワンの商品開発

    飲み続けられるビールになりたい
    不動のスタンダード「クラシック」
    まさしくオンリーワン「ライ麦ビール」
    国内で初めて開発「チョコレートスタウト」
    ベアレンの名物企画「頒布会」
    人気ナンバーワン「ラードラー」
    新たなチャレンジ「イングリッシュサイダー」
    コンテスト──エピローグ

    あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    嶌田 洋一(シマダ ヨウイチ)
    1967年、東京生まれ。ベアレン醸造所専務取締役。2000年、以前からの友人(現社長)に地ビール会社の立ち上げに誘われ、脱サラして起業。現在はマーケティング、ブランディングを担当している。盛岡に暮らす
  • 出版社からのコメント

    「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストでグランプリを獲得! 盛岡でこよなく愛される地ビール「ベアレン」の物語。
  • 内容紹介

    人と人、100年前のヨーロッパの伝統、地元への愛、亡くなった社員の思い──
    いろんなものをつないでいるビールがある。

    日本外国特派員協会主催「世界に伝えたい日本のクラフトビール」コンテストにおいてグランプリを獲得!
    岩手県・盛岡でこよなく愛される地ビール「ベアレン」の歩みと仕事術。

    1994年、酒税法の緩和により全国各地に地域密着の小規模ビール会社が誕生しては消えていった。
    そんななか、ベアレン醸造所は2013年に設立10周年を迎え、好調に売れ続けている。
    この謎の鍵は「情熱」と「地域密着」にある。著者が脱サラして資本金300万円でスタートし、
    まったく売れずに苦労した日々、2008年には工場のタンクが破裂してスタッフが1名亡くなるなどの
    試練を乗り越え、今日に至ったベアレンの歩みと仕事術を伝えるノンフィクション。

    〈ベアレンってこんな会社!〉
    ○舐めたくらいでは飲んだと言わない
    ○酒の席での取り決めは有効
    ○マニアックな嗜好に迎合しない
    ○一度の失敗、不成功であきらめない
    ○大成功でも繰り返さず常に改善
    ○嘘をついて売らない
    ○人の仕事も喜んで協力する
    ○社内恋愛は本気のみ

つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:ポプラ社
著者名:嶌田 洋一(著)
発行年月日:2015/09/20
ISBN-10:459114660X
ISBN-13:9784591146606
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:237ページ
縦:19cm

    ポプラ社 つなぐビール―地方の小さな会社が創るもの [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!