伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) [新書]
    • 伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) [新書]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年7月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002399820

伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) [新書]

植島 啓司(著)松原 豊(写真)
  • 2.0
価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年7月29日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日: 2015/08/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    一三〇〇年余りの歴史を誇る神事「式年遷宮」の開催により、参拝者数を伸ばし続ける日本最高峰の聖地、伊勢神宮。日本民族の総氏神とされる「天照大神」を祀り皇室の祖神とされるこの社は、いかなる過程を経て成立したのか。世界の聖地を研究してきた宗教人類学者がフィールドワークを重ね、「伊勢の神々は海からやってきた」という興味深い解釈に迫る。長年伊勢神宮を撮り続けてきた写真家が切り取った写真とともに、綿密な調査により獲得した思考からひもとく「伊勢神宮論」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 伊勢神宮フィールドワーク
    第2章 志摩の磯部へ
    第3章 水の神
    第4章 遷宮という仕組み
    第5章 サルタヒコとは何か
    第6章 的矢湾クルーズ
    特別対談 「祭りの場としての伊勢神宮」
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    植島 啓司(ウエシマ ケイジ)
    1947年、東京都生まれ。宗教人類学者。京都造形芸術大学教授。東京大学卒業後、同大学院人文科学研究科博士課程修了。NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授を歴任し現職

    松原 豊(マツバラ ユタカ)
    1967年、三重県生まれ。名古屋ビジュアルアーツ卒業後、撮影アシスタントなどを経て独立。2013年の第62回「伊勢神宮式年遷宮」の記録撮影(御遷宮対策事務局)を担当その他、雑誌媒体や企業広報誌で三重県を中心に活動している。公益社団法人日本写真家協会会員。名古屋ビジュアルアーツ非常勤講師
  • 内容紹介

    一昨年に開催された神事「式年遷宮」で、より注目を集める伊勢神宮。膨大な写真とともに、著者が丹念なフィールドワークから「伊勢の起源は海にある」という新たな解釈に迫る、新しい「伊勢神宮論」!

伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:植島 啓司(著)/松原 豊(写真)
発行年月日:2015/08/17
ISBN-10:408720796X
ISBN-13:9784087207965
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:宗教
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:18cm
他の集英社の書籍を探す

    集英社 伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた(集英社新書ヴィジュアル) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!