日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか [単行本]
    • 日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002401062

日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月16日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:桜の花出版
販売開始日: 2015/07/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本統治時代の証言から見えてきた「良き関係」と文化差による「誤解」。今こそ読まれるべき貴重な証言集『生活者の日本統治時代』の改定増補版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 植民地朝鮮の虚像と実像(日本人の想像を絶する反日の根底
    戦後韓国の教育と歴史的事実のギャップ ほか)
    第2章 聞き書き―日本人の体験から(誇り高き京城中学の朝鮮人級友たち―阿部元俊
    生まれも育ちも朝鮮新義州―林健一 ほか)
    第3章 聞き書き―韓国人の体験から(殖産銀行の我が黄金時代と思師への敬愛―朴承復
    個人的な親しい感情と統治政策への許し難い思い―閔圭植 ほか)
    第4章 朝鮮殖産銀行の日本人と朝鮮人(有賀光豊という人物
    可能な限りの公平政策と戦後韓国を支えた朝鮮人超エリートたち ほか)
    第5章 「和解できないわけ」はどこにあるのか(聞き書きから感じたこと
    文化・習慣の違いから生まれる誤解 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    呉 善花(オ ソンファ)
    1956年、韓国、済州島生まれ。4年間志願で女子軍隊生活をする。1983年来日、大東文化大学(英語学)留学生となる。その後、東京外国語大学大学院修士課程(アメリカ地域研究)修了。現在、執筆のかたわら、拓殖大学国際学部教授

日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか の商品スペック

商品仕様
出版社名:桜の花出版 ※出版地:町田
著者名:呉 善花(著)
発行年月日:2015/07/27
ISBN-10:4434208624
ISBN-13:9784434208621
判型:B6
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:299ページ
縦:19cm
その他:『生活者の日本統治時代』追加・加筆・改題書
他の桜の花出版の書籍を探す

    桜の花出版 日韓併合を生きた15人の証言―「よき関係」のあったことをなぜ語らないのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!