暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本]
    • 暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002402934

暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2015/09/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    江戸時代から続く唐紙の老舗「唐長」唐紙師・千田愛子が日本の伝統を体感できる場所、もの、味を紹介する京都案内。
  • 目次

    第一章■唐紙に彩られた時間
    KIRAKARACHOのこと、唐紙をインテリアで楽しむ5つの方法、唐紙のランチョンマット&コースター、北欧家具と唐紙 など。
    第二章■季節を感じるひととき
    毘沙門天の大福を授かりに鞍馬寺へ、だるまだらけな節分、御所の梅と桃、お花見はいつも京都府庁で、ピンクのグラデーション! 平安神宮近くの枝垂れ桜、祇園祭のお楽しみ、秋の北山通り、赤山禅院で紅葉の色の重なりに思いを馳せる など
    第三章■お気に入りの場所・もの・時間
    護王神社で結婚式、華麗な明治の洋館 長楽館へ、京都洋館めぐり、わたしの着物の愉しみ方 など
    第四章■おいしいひととき  ~京都の味をあれこれ~
    食卓に欠かせないあの味この味、ぴりりっと料理をおいしくする我が家の定番、、「下賀茂 茶寮宝泉」「然花抄院」のカフェ、甘いものを少し…… など
  • 出版社からのコメント

    四百年以上続く、唐紙の老舗「唐長」のDNAを受け継ぐ著者が独自の視点で、伝統とモダン、色彩と影が生み出す京都の魅力を紹介。
  • 内容紹介

    四百年の歴史を誇る唐紙の老舗「唐長」十一代目千田堅吉氏の長女・千田愛子さんが、独自の視点で切り取った京都案内。自らプロデュースする「KIRA KARACHO」で提案している、現代のライフスタイルに合う唐紙の取り入れ方の他、四季折々の京都の見どころ、祇園祭をはじめ京都の行事の魅力、とっておきの場所やお店、味など、京都で過ごす時間の愉しみ方を紹介します。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千田 愛子(センダ アイコ)
    唐紙の老舗「唐長」11代目千田堅吉氏の長女。学生時代から、「唐長」で江戸時代より使われてきた板木の文様を使ってカードなどを制作し、唐紙とは縁のなかった若い世代の人気を集める。今は妻・母として、独自の感覚で唐紙を取り入れたライフスタイルを提案するオリジナルブランド「KIRA KARACHO」をプロデュースし、夫である唐紙師トトアキヒコ氏とともに、「唐長」の唐紙を世界と後世に伝えるために国内外で活動している
  • 著者について

    千田 愛子 (センダ アイコ)
    せんだ・あいこ。江戸時代から続く唐紙の老舗「唐長」11代目当主である千田堅吉の長女。夫であるトトアキヒコとともに、唐長を世界と後世に伝えるための活動をしている。当主自らが唐長のDNAとしての色感覚を一番受け継いでいると認める感性を活かし、KIRA KARACHOブランドのプロデュースや、現代のライフスタイルに合う唐紙の使い方の提案をしている。

暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:千田 愛子(著)
発行年月日:2015/09/24
ISBN-10:4062197049
ISBN-13:9784062197045
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
言語:日本語
ページ数:143ページ
縦:19cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 暮らしを彩る愉しみ 京都の時間 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!