日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本]
    • 日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本]

    • ¥2,53076ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月17日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002402939

日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本]

価格:¥2,530(税込)
ポイント:76ポイント(3%還元)(¥76相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月17日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2015/09/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 植物文様(若松;大竹 ほか)
    第2章 風月万象文様(影雲;雪花散らし ほか)
    第3章 動物文様(唐獅子;丸龍 ほか)
    第4章 幾何学文様・その他(角つなぎ;南蛮七宝 ほか)
  • 出版社からのコメント

    角つなぎや南蛮七宝、細渦など、日本の伝統文様を、京都の唐紙屋「唐長」の美しい唐紙とともに紹介。文様の由来や意味がわかる一冊。
  • 内容紹介

    文様というのは、単なるデザインではなく、
    日本人の祈りがかたちになったものである――。

    江戸時代より、京都「唐長」に伝わる600枚以上の板木から、日本の主な文様を厳選。
    美しい唐紙を写真で見せながら、文様にまつわる物語をエッセイとしてまとめる。


    唐長とは―
    寛永元年(1624年)創業。日本で唯一、江戸時代から続いてきた唐紙屋。
    代々受け継がれてきた板木にひとつひとつ手仕事で和紙に文様をうつしとった唐紙は、
    文化財をはじめ、現代の暮らしにおいても壁紙や襖紙として用いられ、
    美しい日本の文化を伝えている。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    トト アキヒコ(トト アキヒコ)
    唐紙師。「唐長」の伝統を継承しつつ、現代アートとしての唐紙の世界を築き上げた、唐紙界の異端児。伝統的な襖や屏風のほか、壁紙やパネル、ランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のオーダーをアトリエにて受け、制作。同時に、唐紙の芸術性を追究し、「しふく(Shifuku)刷り」をはじめとする独自の技法を用いたアート作品も手がけている。全国の寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場所に作品を納め続けている
  • 著者について

    トト アキヒコ
    唐紙師。「唐長」の伝統を継承しつつ、現代アートとしての唐紙の世界を築き上げた、唐紙界の異端児。伝統的な襖や屏風のほか、壁紙やパネル、ランプなど現代の暮らしに合うさまざまな唐紙のオーダーをアトリエにて受け、制作。同時に、唐紙の芸術性を追究し、「しふく(Shifuku)刷り」をはじめとする独自の技法を用いたアート作品も手がけている。2010年、MIHO MUSEUMに《inochi》が展示されると、史上初のミュージアム・ピースとなった唐紙として話題を集め、2014年には、東京・相田みつを美術館で展覧会も開催された。また、2010年、《星に願いを》を奉納した名刹・養源院をはじめ、全国の寺社仏閣、公共・商業施設、個人邸宅など、さまざまな場所に作品を納め続けている。共著に、『相田みつを&雲母唐長 幸運を贈るポストカードBook しあわせ』(ダイヤモンド社)がある。

日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:トト アキヒコ(著)
発行年月日:2015/09/24
ISBN-10:4062197111
ISBN-13:9784062197113
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:191ページ
縦:15cm
横:15cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 日本の文様ものがたり―京都「唐長」の唐紙で知る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!