ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書]
    • ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月16日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002404164

ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月16日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2015/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「君が代」は議論の絶えない歌である。明治早々、英国王子の来日で急遽、国歌が必要になる。しかし、時間がないため、『古今和歌集』の読み人しらずの短歌に鹿児島で愛唱されていた「蓬莱山」の節をつけて間に合わせたのが「君が代」の誕生だといわれる。以降、1999年に「国旗国歌法」で法的に国歌と認められるまで、ライバルが現れたり、戦時下には「暗すぎる」、戦後には「民主国家にふさわしくない」と批判されたり波乱が続く。最近では、教育現場での「君が代」斉唱が再び問題視される。日本人にとって「君が代」とは何なのか?気鋭の若手研究者がその歴史をスリリングに繙く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 「君が代」の何が問題なのか
    第1章 なぜこの歌詞が選ばれたのか
    第2章 誰が「君が代」を作曲したのか
    第3章 いつ「君が代」は国歌となったのか
    第4章 「君が代」はいかにして普及したのか
    第5章 どのように「君が代」は戦争を生き延びたのか
    第6章 なぜ「君が代」はいまだに論争の的になるのか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    辻田 真佐憲(ツジタ マサノリ)
    1984年大阪府生まれ。文筆家、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科を経て、現在、政治と文化・娯楽の関係を中心に執筆活動を行う

ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:辻田 真佐憲(著)
発行年月日:2015/07/30
ISBN-10:4344983858
ISBN-13:9784344983854
判型:B6
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:268ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ふしぎな君が代(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!